蔵王駅(奥羽線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本38.205885140.303355
最大38.206285140.303755
最小38.205485140.302955

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

山形県山形市松原15-10
山形県山形市松原361-10
山形県山形市松原362-10
山形県山形市松原363-10
山形県山形市松原376-10

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[38.205885 / 140.303355]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

蔵王駅は、山形県山形市大字松原にある、東日本旅客鉄道奥羽本線の駅である。
「山形線」の愛称区間に含まれている。
そのため山形新幹線乗り入れに伴う改軌の際には下り線のみ当駅と隣の山形駅の間が三線軌条化されていたが、貨物取扱い廃止に伴い狭軌用のレールは撤去された。
1911年12月5日-国有鉄道奥羽本線の金井駅として開業。
一般駅。
1951年3月1日-蔵王駅に改称。
1984年2月1日-荷物の取扱を廃止。
1987年4月1日-国鉄分割民営化により、JR東日本と日本貨物鉄道が継承。
1998年 7月1日-石油輸送終了。
9月29日-貨物列車発着の最終日。
セメント輸送終了。
1999年7月1日-JR貨物の駅が廃止され、貨物の取扱が終了。
駅構造 : 相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。
かつては貨物列車の発着があったため構内は広いが、線路はほとんど取り払われ、側線が数本残されているのみである。
駅舎とホームの間やホームの裏手には、かつて線路が敷かれていた名残の、広い空き地がある。
駅舎と2つのホームは跨線橋で結ばれている。
のりばは駅舎側が1番線、もう一方が2番線である。
駅舎は石積みの柱がある古くからのものである。
東北総合サービスが業務を受託する業務委託駅で、POS端末・自動券売機が設置されている。
山形駅の管理下におかれている。
蔵王駅*
駅舎
ざおう Zaō
◄茂吉記念館前 (4.0km) (5.3km) 山形►
所在地 山形県山形市大字松原387北緯38度12分21.59秒・東経140度18分13.14秒
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 ■奥羽本線(山形線)
キロ程 81.8km(福島起点)
電報略号 サオカヰ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員-統計年度- 947人/日(降車客含まず)-2014年-
開業年月日 1911年(明治44年)12月5日
備考 業務委託駅* 1951年に金井駅から改称。
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO