東大館駅(花輪線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本40.26616140.554675
最大40.26656140.555075
最小40.26576140.554275

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

秋田県大館市南神明町3-10
秋田県大館市常盤木町8-10
秋田県大館市常盤木町14-10
秋田県大館市南神明町2-10
秋田県大館市南神明町1-10

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 東大館駅前 0.1
2 鍛治町 0.5
3 新町 0.5
4 病院前 0.6
5 市立病院前 0.6

[40.26616 / 140.554675]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

東大館駅は、秋田県大館市常盤木町にある、東日本旅客鉄道花輪線の駅である。
東大館駅の「東」は「大館駅の東」でも「大館市の東」など方角を表しているのではなく、東大館駅がある常盤木町が江戸時代の羽州街道であったことに由来する。
街道沿いの警護のため常盤木町には足軽屋敷が配置された。
侍屋敷の地域を内町、町人町を外町として区別していた。
常盤木町は地理的には外町だが侍が住んでいたことから行政上は内町に区分された。
のちに、戸長制がしかれるにあたり、内町=東大館、外町=西大館と改称され、内町だった常盤木町はそのまま東大館町に組み入れられた。
駅の開業当時はすでに東大館町と西大館町が合併して大館町になっていたが、駅には東大館駅と命名された。
年表 : 1914年7月1日-秋田鉄道の駅として北秋田郡大館町に開業。
1934年に移管。
1987年4月1日-国鉄分割民営化により、東日本旅客鉄道の駅となる。
1999年12月4日-CTC化に伴い交換設備廃止、業務委託化。
東大館駅長が廃止され、鹿角花輪駅長管理下となる。
駅構造 : 地上駅。
元々は島式ホーム1面2線の列車交換可能駅だったが、現在は1番線が撤去されて単式ホーム1面1線となっている。
鹿角花輪駅が管理する業務委託駅があったが閉店した。
東大館駅
駅舎
ひがしおおだて Higashi-Ōdate
◄扇田 (4.7km) (3.6km) 大館►
所在地 秋田県大館市常盤木町14-1北緯40度16分0.06秒・東経140度33分16.51秒
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 ■花輪線
キロ程 103.3km(好摩起点)
電報略号 ヒテ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員-統計年度- 191人/日(降車客含まず)-2015年-
開業年月日 1914年(大正3年)7月1日
備考 業務委託駅みどりの窓口 有
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO