小千谷駅(上越線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本37.309973138.81335
最大37.310373138.81375
最小37.309573138.81295

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

新潟県小千谷市大字稗生0-8

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[37.309973 / 138.81335]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

小千谷駅は、新潟県小千谷市東栄一丁目にある、東日本旅客鉄道上越線の駅である。
当時の駅名は魚沼鉄道に既にあった小千谷駅と区別するため東小千谷駅とされた。
1921年8月5日-当駅-越後川口間が延伸開業。
1932年7月15日に「西小千谷駅」に改称された。
1987年4月1日-国鉄分割民営化により、JR東日本に継承。
2004年10月23日-新潟県中越地震により被災。
2004年12月27日-越後川口-越後滝谷間、上り線使用した単線運転で上越線全線で運転再開。
ただし、すべての夜行列車と半数以上の普通列車、貨物列車は運休。
この間の小千谷駅は跨線橋を渡った3番線のみ使用。
2005年3月25日-越後川口-越後滝谷間の下り線が復旧し、上越線全線で複線運転を再開。
夜行列車や、普通列車および貨物列車のほとんどが運転再開。
2011年1月20日-キヨスク閉店。
2014年4月1日-ICカード「Suica」のサービスエリア拡大に伴い、新潟エリアとしてサービス開始。
駅構造 : 駅舎内 単式ホーム2面2線を有する地上駅。
両ホームは跨線橋で連絡しているが、エレベーター等のバリアフリーに対応する設備は設けられていない。
長岡駅が管理する業務委託駅で、ジェイアール新潟ビジネスが駅業務を受託している。
2011年1月26日から7月頃にかけて駅舎内の改装が行われた。
小千谷駅*
駅舎(2012年10月)
おぢや Ojiya
◄越後川口 (6.6km) (7.2km) 越後滝谷►
所在地 新潟県小千谷市東栄一丁目1-1北緯37度18分35.36秒 東経138度48分47.64秒 / 北緯37.3098222度 東経138.8132333度 / 37.3098222; 138.8132333
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 ■上越線
キロ程 149.4km(高崎起点)
電報略号 チヤ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員-統計年度- 1,233人/日(降車客含まず)-2014年-
開業年月日 1920年(大正9年)11月1日
備考 業務委託駅みどりの窓口 有* 1932年に東小千谷駅から改称。
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO