本八戸駅(八戸線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本40.516375141.488995
最大40.516775141.489395
最小40.515975141.488595

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

青森県八戸市内丸一丁目6-10
青森県八戸市城下一丁目8-10
青森県八戸市城下一丁目1-10
青森県八戸市内丸一丁目1-10

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[40.516375 / 141.488995]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

本八戸駅は、青森県八戸市内丸一丁目にある、東日本旅客鉄道・日本貨物鉄道八戸線の駅である。
尻内駅からの路線延伸時に開設された終着駅で、一般駅であった。
1894年10月1日-路線が湊駅まで開業。
1906年11月1日-日本鉄道が国有化、官設鉄道の駅となる。
1907年11月1日-八戸駅に改称。
1909年10月12日-線路名称制定により、八ノ戸線所属駅となる。
1944年4月1日-本八戸-湊間の旅客営業が廃止され、貨物支線となる。
1971年 2月1日-本八戸駅に改称。
その後の4月1日に東北本線の尻内駅が八戸駅に改称した。
10月1日-専用線発着を除く貨物の取扱を廃止。
1973年10月11日-みどりの窓口設置。
1977年7月-高架化。
1985年3月14日-湊駅までの貨物支線が廃止。
荷物の取扱を廃止。
1987年4月1日-国鉄分割民営化により、JR東日本・JR貨物の駅となる。
2004年12月1日-第一次大規模改装工事完了。
2005年 10月-本八戸駅-階上駅間特殊自動閉塞化によりタブレット授受がなくなる。
12月10日-八戸線CTC化により運転扱い廃止、陸奥湊駅・鮫駅・階上駅管内が当駅の管理下となる。
指定席券売機を設置。
2006年6月-当駅貨物扱所-三沢駅間の米軍基地への石油輸送が終了。
2007年4月1日-当駅の「びゅうプラザ八戸」が本八戸駅長管理下となり「びゅうプラザ本八戸駅」に改称し、海外旅行取扱を廃止。
同時に「びゅうプラザ八戸」の傘下であった「びゅうプラザ八戸駅」は八戸駅長管理下となる。
2008年7月1日-「びゅうプラザ本八戸」のセールス業務を八戸駅に移管。
2014年6月30日-「びゅうプラザ本八戸」閉店。
2015年 7月31日-第二次大規模改装工事完了。
12月1日-業務委託化。
本八戸駅長・助役が廃止され、八戸駅長管理下となる。
駅構造 : 島式ホーム1面2線を有する高架駅である。
八戸駅管理で、JR東日本東北総合サービスが受託する業務委託駅。
長らく当駅は直営駅で、特に八戸線CTC導入後による合理化の後は八戸線の青森県部分を管轄する管理駅でもあった。
以前はびゅうプラザも設置されていたが一足先に集約されており、管理駅機能の八戸駅集約により、営業主要拠点の役目を完全に八戸駅へ譲ることになった。
本八戸駅*
南口(2011年10月)
ほんはちのへ Hon-Hachinohe
◄長苗代 (2.1km) (1.8km) 小中野►
所在地 青森県八戸市内丸一丁目6-17北緯40度30分58.68秒・東経141度29分20.26秒
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)日本貨物鉄道(JR貨物)**
所属路線 ■八戸線
キロ程 5.5km(八戸起点)
電報略号 ホハハヘ(改称前)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員-統計年度- 1,188人/日(降車客含まず)-2015年-
開業年月日 1894年(明治27年)1月4日
備考 業務委託駅(JR東日本東北総合サービスが受託)みどりの窓口 有
* 改称経歴- 1907年 八ノ戸駅→八戸駅- 1971年 八戸駅→本八戸駅** 貨物列車の発着はなく、休止状態
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO