草加駅(伊勢崎線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.82838139.803455
最大35.82878139.803855
最小35.82798139.803055

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

埼玉県草加市高砂二丁目5-9
埼玉県草加市氷川町2222-9
埼玉県草加市高砂二丁目8-9
埼玉県草加市氷川町999-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[35.82838 / 139.803455]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

草加駅は、埼玉県草加市高砂二丁目にある、東武鉄道伊勢崎線の駅である。
「東武スカイツリーライン」の愛称区間に含まれている。
駅番号はTS16。
1985年11月-下り高架ホーム供用開始。
1986年11月-上り高架ホーム供用開始。
1988年8月9日-竹ノ塚駅-当駅間が高架複々線化。
伊勢崎線の駅としては初めて、上下ホームにエレベーターを1基ずつ設置。
松原団地方に引き上げ線が1本敷設され、当駅始発・終着列車が設定される。
1997年3月25日-当駅-越谷駅間が高架複々線化。
当駅始発・終着列車は越谷駅まで延長され廃止。
2010年12月10日-発車メロディを導入。
2012年3月17日-「TS16」の駅番号が設定される。
2016年8月21日-松原団地方の緩行線線路間に再度引き上げ線が完成。
この日より竹ノ塚駅-当駅間を回送で使用開始。
駅構造 : 島式ホーム2面6線を有する高架駅である。
このうち外側2線は通過線となっている。
上り通過線が1番線、下り通過線が6番線に相当し、のりばの番号は2番線から付与されている。
松原団地方の上下緩行線の間には引き上げ線が設けられ、竹ノ塚止まりの一部列車が当駅まで回送し、この引き上げ線で折り返している。
地上駅時代は下り線が島式ホームを持つ2面3線構造で、待避線は上下共用の中線であった。
上り通過線の外側に保守機械の車庫がある。
車庫からの線路は上り通過線につながっている。
また、浅草側には上り急行線から上り緩行線へとつながっている短絡線が設けられているが、乗越分岐器を使用しているため保守機械用である。
草加駅
東口(2012年9月)
そうか Sōka
◄TS 15 谷塚 (1.6km) (1.7km) 松原団地 TS 17►
所在地 埼玉県草加市高砂二丁目5-25北緯35度49分42.55秒 東経139度48分12.50秒 / 北緯35.8284861度 東経139.8034722度 / 35.8284861; 139.8034722
駅番号 □TS 16
所属事業者 東武鉄道
所属路線 伊勢崎線(東武スカイツリーライン)
キロ程 17.5km(浅草駅起点)
電報略号 ソカ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線(他に通過線2線)
乗降人員-統計年度- 84,674人/日-2015年-
開業年月日 1899年(明治32年)8月27日
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO