北千住駅(伊勢崎線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.74981139.805563
最大35.75021139.805963
最小35.74941139.805163

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

東京都足立区千住旭町41-9
東京都足立区千住旭町42-9
東京都足立区千住旭町3-9
東京都足立区千住旭町43-9
東京都足立区千住二丁目61-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[35.74981 / 139.805563]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

北千住駅は、東京都足立区千住旭町および千住二丁目にある東日本旅客鉄道・東京地下鉄・東武鉄道・首都圏新都市鉄道の駅である。
千住宿は江戸時代から日光街道の宿場町として発展した。
「北千住」という名称は千住の内、隅田川北側に位置する北組・中組を捉えた呼び名であり、行政地名としては存在しない。
当駅には4社5路線が乗り入れており、JR特急以外の全ての旅客列車が停車する。
各線相互間の乗り換え客が多い。
JR東日本:常磐線-駅番号「JJ05」。
「東京都区内」に属する。
緩行線は歴史的経緯により東京メトロ千代田線の施設を使用する。
東京メトロ 千代田線-駅番号「C18」 日比谷線-駅番号「H21」 東武鉄道:伊勢崎線-駅番号「TS09」。
「東武スカイツリーライン」の愛称で案内される。
首都圏新都市鉄道:つくばエクスプレス-駅番号「05」 歴史 : 北千住駅前における、北千住駅の駅弁店の葬列 当駅は1896年12月25日に、日本鉄道土浦線の駅として開業した。
3年後の1899年8月27日に、東武鉄道初の路線となる伊勢崎線が当駅-久喜駅間で開業し、乗換駅となった。
日本鉄道は1906年11月1日に国有化され、1909年に常磐線に改称された。
この後、接続路線は60年以上に渡ってこの2路線であった。
常磐線のターミナル駅は上野駅、東武伊勢崎線のターミナル駅は浅草駅で、当駅の乗車人員はこれらの駅よりも少ない状態が続いていたが、1960年代に入って大きな転換期を迎える。
まず、1962年5月31日に営団地下鉄日比谷線の駅が開業し、当駅を介して東武伊勢崎線との直通運転を開始した。
直通運転開始後は東武伊勢崎線の乗車人員が大幅に増加し、伊勢崎線のターミナル駅としての座を不動のものにした。
さらに、1969年12月20日には営団地下鉄千代田線の駅が開業し、当駅は4路線が乗り入れる駅となった。
北千住駅
西口(2016年8月16日)
きたせんじゅ Kita-Senju
所在地 東京都足立区
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)東京地下鉄(東京メトロ)東武鉄道首都圏新都市鉄道
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO