越生駅(越生線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.962803139.299613
最大35.963203139.300013
最小35.962403139.299213

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

埼玉県入間郡越生町越生339-9
埼玉県入間郡越生町越生386-9
埼玉県入間郡越生町越生392-9
埼玉県入間郡越生町越生397-9
埼玉県入間郡越生町越生426-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 越生駅 0.1
2 本町 0.2
3 新宿 0.4
4 河原町 0.5
5 下黒岩 0.7

[35.962803 / 139.299613]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

越生駅は、埼玉県入間郡越生町大字越生にある、東日本旅客鉄道・東武鉄道の駅である。
JR東日本の八高線と、当駅を終点とする東武鉄道の越生線が乗り入れ、接続駅となっている。
東武の駅には駅番号としてTJ47が付与されている。
両社の共同使用駅で、JR東日本の管轄駅である。
駅管轄を行うJRより東武鉄道の方が列車本数、利用者ともに多い。
旅客・貨物の取り扱いを開始。
1934年12月16日-越生鉄道西大家-当駅間が開通。
1943年7月1日-越生鉄道が東武鉄道に合併、東武越生線となる。
1974年4月5日-貨物の取り扱いを廃止。
1987年4月1日-国鉄分割民営化に伴い、八高線の駅は東日本旅客鉄道に継承。
2002年2月8日-JR東日本でICカード「Suica」の利用が可能となる。
2007年3月18日-東武鉄道でICカード「PASMO」の利用が可能となる。
2013年4月7日-JR八高線ホームのエレベーター設置工事に伴い、1番線を廃止。
2014年3月28日-JR・越生線ホームのエレベーターの利用を開始。
駅構造 : この節の加筆が望まれています。
主に:エレベーター設置、駅構造 単式ホーム1面1線と、島式ホーム1面2線を有する地上駅である。
駅舎とホームは跨線橋で連絡している。
2013年4月7日からエレベーター設置工事のため、既存の交換施設を撤去する棒線化を行い、八高線の1番線ホームは事実上の廃止となった。
よって2013年3月16日のダイヤ改正より、当駅での列車交換は行われなくなった。
東武越生線も同年10月から坂戸寄りにエレベーター設置の為、駅末端のトイレ設備を撤去を行い、ホーム北側に約1両分ホームを延長し翌年の1月に列車の停止位置を変更した。
駅舎・改札は両社で共用している。
駅業務はJR東日本高崎支社による直営駅となっており、毛呂駅が当駅を管理している。
ラッチ部にはJR所有の簡易Suica改札機のみ設置されている。
みどりの窓口が設置されている。
自動券売機はJR仕様のものが2台設置されており、Suicaおよび相互利用可能なICカードやオレンジカードで東武鉄道の乗車券が購入可能である。
越生駅
駅舎(2012年3月)
おごせ Ogose
所在地 埼玉県入間郡越生町大字越生387-3北緯35度57分43.84秒 東経139度17分57.61秒 / 北緯35.9621778度 東経139.2993361度 / 35.9621778; 139.2993361
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本) 東武鉄道(東武)
電報略号 オセ(両社共) ← ヲセ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員-統計年度- (JR東日本)783人/日(降車客含まず)-2015年-
乗降人員-統計年度- (東武)3,967人/日-2015年-
開業年月日 1933年(昭和8年)4月15日(JR)1934年(昭和9年)12月16日(東武)
乗入路線 2 路線
所属路線 ■JR八高線
キロ程 39.6km(八王子起点)高麗川から8.5km
◄毛呂 (2.7km) (5.2km) 明覚►
所属路線 東武越生線
駅番号 □TJ 47
キロ程 10.9km(坂戸起点)
◄TJ 46 武州唐沢 (1.5km)
備考 共同使用駅(JR東日本の管轄駅)直営駅みどりの窓口 有
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO