阿左美駅(桐生線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.385087139.306529
最大36.385487139.306929
最小36.384687139.306129

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

群馬県みどり市笠懸町阿左美1053-9
群馬県みどり市笠懸町阿左美1054-9
群馬県みどり市笠懸町阿左美992-9
群馬県みどり市笠懸町阿左美994-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 桜塚 0.4
2 福真ハイム北 0.5
3 東邦病院 0.6
4 生品神社 0.6

[36.385087 / 139.306529]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

阿左美駅は、群馬県みどり市笠懸町阿左美にある東武鉄道桐生線の駅である。
駅番号はTI54。
1935年ころ、阿左美沼の遊園地化を目論んでいた今井伊太郎が、東武鉄道社長の根津嘉一郎にかけあい駅設置が認められ、1937年に開業した。
1954年12月にはホーム拡張工事中に縄文時代の住居跡が発見され、発掘調査が実施され県史跡に指定された。
昭和40年代になると赤字を理由とした駅の廃止が計画され、当時の所在自治体である笠懸村議会が、1971年1月および1973年7月の二度にわたり駅廃止反対の決議を行い陳情をした。
1937年5月5日-開業。
1954年12月-ホーム拡張工事中に縄文時代の住居跡が発見される。
1955年3月7日-3月9日-住居跡の遺跡調査が行われる。
1960年3月23日-住居跡が群馬県指定史跡となる。
駅構造 : 単式ホーム1面1線を有する地上駅。
駅舎・ホームは線路の西側にある。
ホーム中ほどの群馬県道68号桐生伊勢崎線寄りに、「阿左美縄文式文化住居跡」という縄文時代の住居跡がある。
阿左美駅
駅舎(2012年9月)
あざみ Azami
◄TI 53 藪塚 (3.2km) (1.7km) 新桐生 TI 55►
所在地 群馬県みどり市笠懸町阿左美1057-4北緯36度23分8.01秒 東経139度18分23.97秒 / 北緯36.3855583度 東経139.3066583度 / 36.3855583; 139.3066583
駅番号 □TI 54
所属事業者 東武鉄道
所属路線 桐生線
キロ程 12.9km(太田起点)
電報略号 アミ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員-統計年度- 584-
開業年月日 1937年(昭和12年)5月5日
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO