葛生駅(佐野線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.397885139.609285
最大36.398285139.609685
最小36.397485139.608885

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

栃木県佐野市富士見町4-9
栃木県佐野市富士見町3-9
栃木県佐野市葛生東一丁目5-9
栃木県佐野市葛生東一丁目3-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[36.397885 / 139.609285]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

葛生駅は、栃木県佐野市葛生東にある東武鉄道佐野線の駅。
駅番号はTI39。
佐野線の終着駅で、一部の特急「りょうもう」の終着でもある。
有人駅ではあるが、時間帯によっては駅員がいない事がある。
1894年3月20日-葛生-佐野町-越名河岸間の鉄道開業。
葛生-越名河岸間の馬車鉄道廃止。
現行の葛生駅はこのときに開業。
1912年3月30日-東武鉄道が佐野鉄道を合併、佐野線とする。
この際、駅は東武鉄道の管轄に置かれる。
1986年10月21日-貨物取扱いを廃止。
2007年3月18日-ICカード「PASMO」の利用が可能となる。
2012年3月17日-TI39の駅ナンバリングが導入。
2013年7月-駅南側の東武鉄道の鉄道貨物ヤード跡地にて、最大出力約1000kWのメガソーラーが稼働開始。
2014年9月27日-新駅舎の使用を開始。
貨物ターミナルとして : かつて、東武会沢線・東武大叶線・日鉄鉱業羽鶴専用鉄道の三つの貨物線が当駅まで石灰、セメント、ドロマイトを輸送していた。
セメントは東武伊勢崎線経由で業平橋駅まで輸送された。
貨物輸送が廃止された後はその設備のほとんどが撤去されているが構内は広く、かつての貨物線の名残をとどめていたが、2013年にその空地に太陽光発電パネルが設置され「葛生太陽光発電所」となっている。
当駅から先にも路線跡が続き、架線柱が残っている。
2010年頃まで腕木式信号機も残っていた。
葛生駅
葛生駅(2016年5月)
くずう Kuzū
◄TI 38 多田 (2.8km)
所在地 栃木県佐野市葛生東一丁目1-5北緯36度23分53.36秒 東経139度36分32.13秒 / 北緯36.3981556度 東経139.6089250度 / 36.3981556; 139.6089250
駅番号 □TI 39
所属事業者 東武鉄道
所属路線 佐野線
キロ程 22.1km(館林起点)
電報略号 クズ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員-統計年度- 1,041人/日-2014年-
開業年月日 1894年(明治27年)3月20日
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO