川越駅(東上本線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.907355139.482993
最大35.907755139.483393
最小35.906955139.482593

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

埼玉県川越市脇田町24-9
埼玉県川越市脇田町107-9
埼玉県川越市脇田本町1-9
埼玉県川越市脇田本町38-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[35.907355 / 139.482993]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

川越駅は、埼玉県川越市脇田町および脇田本町にある、東武鉄道・東日本旅客鉄道の駅である。
東武鉄道の駅にはTJ21の駅番号が付与されている。
なお、川越線は朝の下り一部電車を除いて当駅で系統が分割されており、当駅以東へ向かう電車は大宮駅から埼京線に直通し、当駅以西へ向かう電車は高麗川駅から八高線に直通する。
ただし、運転見合わせやダイヤ乱れが発生した場合はこの限りではない。 歴史 : 東上線が川越に到達した時点では駅がなく、やや遅れて開業した。
開業時は「川越西町」と称し、川越の市街地からはずれた位置にあった。
当時の東上線における川越市の玄関駅は、隣の川越町駅である。
川越線の開業に伴う駅名改称と、市街地の南下により市を代表する駅となった。
1915年4月1日-東上鉄道の新河岸-川越町間に川越西町駅として開業。
1920年7月27日-東上鉄道が東武鉄道に合併し、東武鉄道東上本線の駅となる。
1940年7月22日-国有鉄道川越線川越駅が開業。
同時期に東武鉄道は川越駅に改称。
1976年6月1日-国鉄川越駅の貨物営業廃止。
1985年9月30日-国鉄川越線が電化され、埼京線との直通運転を開始。
1987年4月1日-国鉄分割民営化により、川越線は東日本旅客鉄道の駅となる。
1989年3月-橋上駅舎の供用開始。
東武鉄道とJR東日本の改札が分離。
JR東日本の駅も自社管轄に変更。
2001年11月18日-JR東日本でICカード「Suica」の利用が可能となる。
2004年2月19日-JR東日本側の大幅な駅舎改修が行われ、窓口移動のほか、階段がもう一組大宮側に増設され、川越線ホーム上にはルミネ川越店が開店。
2007年 3月18日-東武鉄道でICカード「PASMO」の利用が可能となる。
9月20日-東武鉄道側の駅ナカ商業施設「ファイン川越」が「エキア川越」としてリニューアルオープン。
2008年3月18日-東武東上線ホームで発車メロディ使用開始。
2014年3月26日-西口駅前広場の改修工事が完了。
ペデストリアンデッキが使用を開始。
駅構造 : 駅舎は1989年3月に完成した橋上駅舎で、改札口は東武鉄道、JR東日本それぞれに有しており、両社の乗り換えを行う利用客はいったん改札を出る必要がある。
橋上駅舎完成前まではJR東日本(旧国鉄)の駅業務も東武鉄道が委託を受けており、両社間の中間改札は設置されていなかった。
商業施設として、東武鉄道がそれぞれ改札外にある。
「エキア川越」は、2007年9月20日に従来の「ファイン(Fine)川越」に代わり、リニューアル開業した。
川越駅
駅全景(2008年12月22日)
かわごえ Kawagoe
所在地 埼玉県川越市北緯35度54分25.6秒 東経139度28分59秒 / 北緯35.907111度 東経139.48306度 / 35.907111; 139.48306
所属事業者 東武鉄道(駅詳細)東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細)
電報略号 ハエ(両社とも)
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO