西帯広駅(根室線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本42.923935143.126355
最大42.924335143.126755
最小42.923535143.125955

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

北海道帯広市西二十三条南一丁目119-13
北海道帯広市西二十三条南一丁目118-13
北海道帯広市西二十三条南一丁目117-13
北海道帯広市西二十三条南一丁目121-13
北海道帯広市西二十三条南一丁目133-13

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[42.923935 / 143.126355]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

西帯広駅は、北海道帯広市西23条南1丁目にある北海道旅客鉄道根室本線の駅。
駅番号はK29。
特急列車は通常全て通過する。
年に数度修学旅行などの学校行事で列車利用の場合は停車する。
1928年10月15日:駅舎改築。
1954年11月10日:西帯広駅に改称。
1970年5月20日:貨物取扱い廃止。
1971年10月2日:荷物取扱い廃止。
19xx年:無人化。
1987年4月1日:国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。
199x年:簡易委託廃止、完全無人化。
2001年11月:駅舎改築。
駅名の由来 : 管轄するJR北海道釧路支社によると、アイヌ語の「フシコ・ペッ(古い川)」→伏古に因るものだが、帯広の西方にある所に因んで駅名を改めた。
駅構造 : 単式と島式のホーム2面3線を有する地上駅である。
駅舎とホームの間に帯広貨物駅と日本甜菜製糖芽室製糖所とを結ぶ帯広市産業開発公社の専用線があるため、地上の待合室からホームへは跨線橋を使用しなければならない。
この跨線橋は駅の南北を結ぶ自由通路にもなっている。
本線は2番線で、交換や追抜きの待避の場合のみ、下りは1番線、上りは3番線を使用する。
専用線側にも使われていないホームが残存している。
西帯広駅
西帯広駅舎(2004年7月)
にしおびひろ Nishi-Obihiro
◄K28 大成 (4.8km) (3.2km) 柏林台* K30►
所在地 北海道帯広市西23条南1丁目北緯42度55分26.82秒 東経143度7分31.53秒 / 北緯42.9241167度 東経143.1254250度 / 42.9241167; 143.1254250
駅番号 ○K29
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 ■根室本線
キロ程 173.4km(滝川起点)
電報略号 ニヒフシ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員-統計年度- 284人/日(降車客含まず)-2012年-
開業年月日 1907年(明治40年)9月8日
備考 無人駅
* この間に帯広貨物駅(滝川起点 176.0km)がある。
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO