島松駅(千歳線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本42.922445141.57314
最大42.922845141.57354
最小42.922045141.57274

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

北海道恵庭市島松本町一丁目1-12
北海道恵庭市島松本町一丁目2-12
北海道恵庭市島松寿町一丁目2-12
北海道恵庭市島松寿町一丁目1-12
北海道恵庭市島松寿町一丁目3-12

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[42.922445 / 141.57314]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

島松駅は、北海道恵庭市島松仲町1丁目1にある、北海道旅客鉄道・日本貨物鉄道千歳線の駅。
かつては急行「ちとせ」が停車していた。
JR北海道の駅番号はH08。
電報略号はママ。
上の右が本線札幌方面。
左へ180度カーブを描いているのは自衛隊専用線。
単式と島式の複合ホーム2面3線と副本線、駅裏の油槽所前に3本の留置線と石油の受渡線、駅舎横の貨物ホームへ引込み線とそこからスイッチバック状に南の倉庫群の間に側線が2本伸びる。
国土交通省国土画像情報を基に作成 当初、北海道鉄道にこの駅を設置する予定は無かったのだが、付近住民が土地と金銭を寄付した上で嘆願し、駅が設置された。
1926年8月21日:北海道鉄道札幌線の駅として開業。
一般駅。
1943年8月1日:戦時買収により北海道鉄道が国有化。
鉄道省千歳線の駅となる。
1959年3月:駅舎改築。
1960年5月:恵庭農協島松倉庫および貯炭場へ専用線敷設。
1961年頃:西島松の自衛隊北海道地区補給処へ専用線敷設。
1963年:駅裏に日本石油札幌油槽所が開所。
1966年 9月7日:双方向複線化完成。
10月3日:複線化に伴い新ホーム設置。
12月26日:跨線橋設置。
1980年5月15日:専用線発着を除く車扱貨物の取扱いを廃止。
1984年2月1日:荷物の取扱いを廃止。
1987年4月1日:国鉄分割民営化により、JR北海道・JR貨物の駅となる。
1994年7月:新千歳空港駅の開業に合わせ、4番線を新設。
1997年3月ごろ:貨物列車の運行が終了。
2008年10月25日:ICカードKitaca使用開始。
駅名の由来 : アイヌ語の「シュマ・オマ・プ」より。
日本語地名のように思われるが、意外にもアイヌ語地名である。
駅構造 : 1面2線の島式ホームと2面2線の単式ホームを有する地上駅。
2つの単式ホームが島式ホームを挟む配線となっている。
構内東側・駅舎に隣接する1番線が上り本線、3番線が下り本線となっており、優先的に列車が発着する。
直営駅であり、みどりの窓口、自動改札機およびキヨスクが設置されている。
島松駅
駅本屋(2012年9月)
しままつ Shimamatsu
◄H09 恵み野 (2.2km) (6.5km) 北広島 H07►
所在地 北海道恵庭市島松仲町1丁目北緯42度55分18.51秒 東経141度34分24.43秒 / 北緯42.9218083度 東経141.5734528度 / 42.9218083; 141.5734528
駅番号 ○H08
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)日本貨物鉄道(JR貨物)*
所属路線 ■千歳線
キロ程 34.1km(沼ノ端起点)
電報略号 ママ
駅構造 地上駅
ホーム 3面4線
乗車人員-統計年度- 1、975人/日(降車客含まず)-2013年-
乗降人員-統計年度- 3、950人/日-2013年-
開業年月日 1926年(大正15年)8月21日
備考 社員配置駅みどりの窓口 有
*貨物列車の発着はなく、休止状態。
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO