幌向駅(函館線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本43.151563141.65556
最大43.151963141.65596
最小43.151163141.65516

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

北海道岩見沢市幌向南一条二丁目159-12
北海道岩見沢市幌向南一条二丁目162-12
北海道岩見沢市幌向南一条二丁目161-12
北海道岩見沢市幌向南一条三丁目330-12
北海道岩見沢市幌向南一条三丁目332-12

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 幌向駅前 0.1
2 幌向南1条 0.3
3 東1号 0.5
4 3号 0.6
5 幌向南2条 0.6

[43.151563 / 141.65556]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

幌向駅は、北海道岩見沢市幌向南1条にある北海道旅客鉄道函館本線の駅である。
駅番号はA11。
電報略号はムイ。
右上が岩見沢方面。
千鳥状にずれた単式と島式の複合ホーム2面3線で、間に中線1本を有している。
駅舎横の貨物ホームに引込線が残っているが、既に2年前に貨物取扱い廃止となっており、駐車場と化している。
国土交通省国土画像情報を基に作成 1882年11月13日:官営幌内鉄道の幌向太フラグ・ステーションとして開業。
1883年4月以前:幌向駅に改称、およびフラグステーションから一般駅となる。
1889年12月11日:北海道炭礦鉄道に譲渡。
1893年3月21日:停車場移転による改キロ。
1895年 7月14日:駅舎及び貨物庫類焼。
下期:駅舎改築。
1900年11月:停車場類焼。
1901年下期:駅舎新築。
1906年10月1日:北海道炭礦鉄道の鉄道路線国有化により、国有鉄道に移管。
1962年8月18日:駅舎改築。
1974年9月5日:貨物取扱い廃止。
1978年10月2日:業務委託化。
1984年2月1日:荷物取扱い廃止。
1987年4月1日:国鉄分割民営化により、JR北海道に継承。
1998年3月20日:駅舎改築。
地上駅舎から橋上駅舎に。
2001年4月1日:駅業務を北海道ジェイ・アール・サービスネットに委託。
2007年10月:駅番号設定。
2008年10月25日:ICカードKitaca使用開始。
2016年3月14日:キヨスク廃止。
駅名の由来 : アイヌ語のポロ・モイに当て字をしたもので、意味は「大きな淀み」説などがある。
幌向川が石狩川へ合流する辺りは、古来からポロ・モイ・プトと呼ばれるアイヌのコタンがあった場所で、当初のフラグステーション名「幌向太」はこれに当て字をしたもの。
明治16年より幌向村が設置されたが、駅名も同時期に「幌向」と改称されている。
駅構造 : 駅舎は跨線橋上にある橋上駅舎である。
ホームは2面3線で島式ホームと相対式ホーム向かい合わせに設置されている。
なお、苗穂~幌向駅間のダイヤ上には試運転列車用のスジが用意されており、この駅で折り返す試運転列車の姿が見受けられる。
橋上駅舎化される前は、1番線と2番線の間に中線が存在した。
幌向駅
駅舎部(2009年3月25日)
ほろむい Horomui
◄A10 豊幌 (3.2km) (5.9km) 上幌向 A12►
所在地 北海道岩見沢市幌向南1条北緯43度9分5.27秒 東経141度39分19.99秒 / 北緯43.1514639度 東経141.6555528度 / 43.1514639; 141.6555528
駅番号 ○A11
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 ■函館本線
キロ程 316.7km(函館起点)
電報略号 ムイ
駅構造 橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員-統計年度- 1、299人/日(降車客含まず)-2014年-
開業年月日 1882年(明治15年)11月13日
備考 業務委託駅みどりの窓口有
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO