鹿部駅(函館線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本42.06436140.7714
最大42.06476140.7718
最小42.06396140.771

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 鹿部 0.1

[42.06436 / 140.7714]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

鹿部駅は、北海道茅部郡鹿部町本別にある北海道旅客鉄道函館本線の駅である。
駅番号はN68。
電報略号はカヘ。
下が大沼方面。
周囲は殆ど人家がなく、駅裏は駒ケ岳山麓の火山性の荒れた傾斜地が広がっている。
市街地は右下側数キロ先の港にあり、駅のある標高100mまでは登り坂である。
国土交通省国土画像情報を基に作成 鹿部駅(大沼電鉄)も参照。
1929年新本別駅-鹿部駅間が延伸開業し、大沼公園駅-鹿部駅間が全通。
同線の終着駅として、鹿部駅が開業。
1945年6月1日:国有鉄道函館本線の廃線に伴い、同線の鹿部駅が廃止。
1948年1月16日:大沼電鉄新銚子口駅-鹿部温泉駅間の開通に伴い、同線の鹿部温泉駅が開業。
1949年 2月20日:国鉄の鹿部駅が鷹待駅に改称。
同時に、大沼電鉄の鹿部温泉駅が鹿部駅に改称。
6月1日:日本国有鉄道法施行に伴い、日本国有鉄道に継承。
1952年12月25日:大沼電鉄の全線廃止に伴い、同線の鹿部駅が再度廃止。
1956年12月20日:鷹待駅が鹿部駅に再改称。
1980年5月1日:貨物取扱い廃止。
1984年 2月1日:荷物取扱い廃止。
11月1日:無人化。
簡易委託駅となる。
1987年4月1日:国鉄分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道に継承。
2005年4月1日:簡易委託廃止、完全無人化。
2007年10月1日:駅ナンバリングを実施。
駅名の由来 : 当駅の所在する地名より。
地名は、アイヌ語の「シカペ」に由来するとされる。
旧駅名の鷹待は、当地附近に鷹狩の際の鷹待がいたことに由来する。
鹿部駅
鹿部駅舎(2008年10月19日)
しかべ Shikabe
◄N69 銚子口 (7.8km) (5.4km) 渡島沼尻 N67►
所在地 北海道茅部郡鹿部町本別北緯42度3分51.8秒 東経140度46分17.02秒 / 北緯42.064389度 東経140.7713944度 / 42.064389; 140.7713944
駅番号 ○N68
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 ■函館本線(砂原支線)
キロ程 14.6km(大沼起点)
電報略号 タチ(改称前:鷹待駅)カヘ(改称後:鹿部駅)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員-統計年度- 57人/日(降車客含まず)-2013年-
開業年月日 1929年(昭和4年)1月5日
備考 無人駅
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO