東森駅(函館線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本42.106805140.593545
最大42.107205140.593945
最小42.106405140.593145

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

北海道茅部郡森町字港町200-11
北海道茅部郡森町字港町204-11
北海道茅部郡森町字港町206-11
北海道茅部郡森町字港町203-11
北海道茅部郡森町字港町209-11

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 1.4
2 森町(乗車) 2.1
3 森町(降車) 2.3

[42.106805 / 140.593545]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

東森駅は、北海道茅部郡森町港町にある北海道旅客鉄道函館本線の駅である。
駅番号はN63。
電報略号はヒモ。
右が鹿部・大沼方面。
写真左側から下へ函館本線が別れる。
国土交通省国土画像情報を基に作成 1927年12月25日:渡島海岸鉄道当駅-砂原駅間開通に伴い、東森仮駅として開業。
旅客のみ取扱い? 1928年9月13日:森駅-当駅間(1.1km。
1934年7月1日:渡島海岸鉄道の東森駅として大沼方に移転の上再開業。
一般駅。
1945年1月25日:渡島海岸鉄道国有化に伴い、国有鉄道函館本線の駅となる。
1949年6月1日:日本国有鉄道法施行に伴い、日本国有鉄道に継承。
1961年2月1日:専用線発着車扱い貨物以外の貨物取扱い廃止。
1965年5月1日:貨物取扱いを全て廃止。
1971年10月26日:荷物取扱い廃止。
1979年3月30日:駅舎改築。
1987年4月1日:国鉄分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道に継承。
2007年10月1日:駅ナンバリングを実施。
駅名の由来 : 「森駅」の東に位置するために「東」を冠する。
駅構造 : 単式ホーム1面1線を有する地上駅。
ホームは線路の南側に存在する。
森駅管理の無人駅となっている。
駅舎は構内の南側に位置し、かつて側線があったために構内は比較的広くホームとは構内踏切で連絡している、赤い屋根が地面まで延びている特異な形状の駅舎となっている。
1994年ごろ、駅舎内は落書きや放火で荒れ放題であったが、現在では改善している。
東森駅
東森駅舎
ひがしもり Higashi-Mori
◄N64 尾白内 (1.6km) (1.8km) 森 H62►
所在地 北海道茅部郡森町港町北緯42度6分24.64秒 東経140度35分36.83秒 / 北緯42.1068444度 東経140.5935639度 / 42.1068444; 140.5935639
駅番号 ○N63
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 ■函館本線(砂原支線)
キロ程 33.5km(大沼起点)
電報略号 カモ→ヒモ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員-統計年度- 0人/日(降車客含まず)-2013年-
開業年月日 1927年(昭和2年)12月25日
備考 無人駅
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO