もぐらんぴあ(久慈地下水族科学館,石油文化ホール)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本40.190616141.769651
最大40.191016141.770051
最小40.190216141.769251

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

住所 / Address

岩手県久慈市中央2-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 久慈駅 0.1
2 久慈駅前 0.1
3 久慈駅東口 0.2
4 銀行前 0.3
5 本町 0.3

[40.190616 / 141.769651]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

もぐらんぴあは、岩手県久慈市にある、同市が建設した「久慈地下水族科学館」と日本地下石油備蓄株式会社が建設した「石油文化ホール」による複合施設で、三陸海岸の久慈湾北岸にある。
東北地方太平洋沖地震に伴う津波で被災して営業休止となったが、場所を移して「もぐらんぴあまちなか水族館」として再開した。
その後、2016年に元の場所で営業を再開した。
2005年7月18日、もぐらんぴあみなとオアシスとして国土交通省のみなとオアシスに登録。
2011年 3月11日、東北地方太平洋沖地震に伴う津波により施設全壊、営業停止。
8月5日、久慈市内の空き店舗を利用した「もぐらんぴあまちなか水族館」として営業再開。
2016年 3月31日、本館再開準備のため、まちなか水族館閉館。
4月23日、元の所在地で防災機能を備えた水族館として再開。
久慈地下水族科学館 : 久慈地下水族科学館は、日本で唯一の地下水族館で、約200種類2、000匹程度の魚介類が展示されていた。
トンネル水槽では頭上を魚が泳ぎ、地中にあって海中にいるような体験が出来た。
2011年3月11日の東日本大震災で被災して以降休業中であったが、市街久慈駅前の空き店舗を利用し「もぐらんぴあまちなか水族館」として仮営業していた。
施設 : フォト水槽 カクレクマノミ サンゴ礁水槽 スミレナガハナダイ、クロユリハゼ、ヤエヤマギンポ、マガキガイ、シャコガイ類などがいる 足湯水槽 ガラ・ルファ ふれあい水槽 ハタタテダイ、オヤビッチャなどが泳ぐ。
日本の海 南から奄美大島、柏島、東京湾、久慈湾×2、オホーツク海と日本列島の海を北上するように展示されている。
クラゲコーナー トンネル水槽 展示ホール 企画展示が行われている。
それぞれ周期的に春休み、夏休み、秋、冬休みと行われている。
毎月チェンジ水槽・・・月ごとに水槽のテーマが変わる。
水槽のテーマ 2010年11月「用水路の生き物」 2010年10月「外来生物」 2010年9月「干潟の生き物」 2010年8月「ゆうれい」 2010年7月「七夕」 2010年6月「アフリカの魚」 2010年5月「久慈川の淡水魚」 2010年4月「花」 2010年3月「出世魚」 2010年2月「共生」 2010年1月「寅」 2009年12月「クリスマス」 2009年11月「新発見」 2009年10月「食欲の秋」 2009年9月「ヤシガニ」 2009年8月「夏休み」 2009年7月「海の日」 2009年6月「梅雨」 2009年5月「こどもの日」 2009年4月「お花」 2009年3月「引っ越し」 2009年2月「節分」 2009年1月「フグ」 2008年12月「大掃除」 2008年11月「さそり座」 2008年10月「スポーツ」 2008年9月「だんご」 2008年8月「さかなクン」 2008年7月「七夕」 2008年6月「歯の衛生週間」 2008年5月「かぶと」 2008年4月〜2月臨時休館のためなし 2008年1月「かまくら」 2007年12月「クリスマス」 2007年11月「七五三」 2007年10月「体育の日」 2007年9月「長寿」 2007年8月「おばけ」 2007年6月「パール」 2007年5月「こどもの日」 2007年4月「エイプリルフール」 2007年2月「バレンタインデー」 石油文化ホール : 石油文化ホールは発破体験スペースや石油インフォメーションシアターがあった。
民間から迎え入れた館長の手腕により、様々なイベントなどを開催。
産直施設・土産物店も設置されていた。
2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震での被災以降休業している。
もぐらんぴあまちなか水族館 : もぐらんぴあまちなか水族館 この節の加筆が望まれています。
2011年5月、国の緊急雇用創出事業を活用して「もぐらんぴあ」を移転・再開することが決定し、市中心部にある空き店舗だった旧中村家具店の1階を改装して同年8月5日に「もぐらんぴあまちなか水族館」として開館した。
もぐらんぴあ移転後、まちなか水族館として使用された同施設には「あまちゃんハウス」が移設された。
久慈地下水族科学館および石油文化ホール
もぐらんぴあ 久慈地下水族科学館および石油文化ホール
施設情報
正式名称 久慈市国家石油備蓄基地トンネル利用施設
愛称 もぐらんぴあ (moguranpia)
専門分野 水族館石油備蓄技術
事業主体 久慈市日本地下石油備蓄株式会社
管理運営 水族館:あくあぷらんつ(指定管理者)
開館 1994年(平成6年)4月
閉館 2011年(平成23年)3月11日営業休止
所在地 〒028-7800 日本岩手県久慈市侍浜町字麦生1-43-7
位置 北緯40度13分16.4秒 東経141度48分57秒 / 北緯40.221222度 東経141.81583度 / 40.221222; 141.81583
公式サイト もぐらんぴあ・まちなか水族館
プロジェクト:GLAM
表示
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO