原爆ドームエリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本34.39548132.45362
最大34.3957132.453902
最小34.39521132.453376

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

元は広島県物産陳列館として開館し広島県産業奨励館と呼ばれていました。
平和記念公園(英:Peace Memorial Park)又は単に平和公園(英:Peace Park)とも呼ばれる。

推定される住所 / Address

広島県広島市中区大手町一丁目10-3
広島県広島市中区大手町一丁目3-3
広島県広島市中区大手町一丁目2-3
広島県広島市中区大手町一丁目6-3

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 原爆ドーム前 0.1
2 本川町 0.3
3 紙屋町 0.4

[34.39548 / 132.45362]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

原爆ドームは、日本の広島市に投下された原子爆弾の惨禍を今に伝える記念碑である。
元は広島県の様々な物産を展示するためにと呼ばれている。
原子爆弾投下の目標となった相生橋の東詰にあたり、西から南にかけては元安川を挟んで広島平和記念公園が広がっている。
北は相生通りを挟んで広島商工会議所ビル、広島市民球場跡地と向き合う。
東側約200メートルの位置に、爆心地に比定される島外科がある。
被爆以前の歴史 : 大正期の広島県立商品陳列所。
対岸のほぼ同じ場所より撮影 元安橋越しに見た広島県立商品陳列所 建設の経緯 : 広島市は、日清戦争で大本営がおかれたことを契機に軍都として急速に発展していった。
経済規模の拡大とともに、広島県産の製品の販路開拓が急務となっていた。
その拠点として計画されたのが「広島県物産陳列館」である。
1910年に広島県会で建設が決定され、5年後の1915年に竣工した。
竣工 : 1915年の設計も手がけている。
設計料は4,575円。
当時広島市の土地は坪当たり24銭から4円で、石工の日当は90銭から1円10銭、新橋-広島駅間の汽車の運賃は三等で5円17銭、二等7円75銭、一等13円33銭で、広島市の人口は13万であった。
原爆投下までの沿革 : 1919年によるものである。
1921年に広島県立商品陳列所と改称し、同年には第4回全国菓子飴大品評会の会場にもなった。
1933年には広島県産業奨励館に改称された。
この頃には盛んに美術展が開催され、広島の文化拠点としても大きく貢献した。
しかし戦争が長引く中、1944年3月31日には奨励館業務を停止し、内務省中国四国土木事務所・広島県地方木材株式会社・日本木材広島支社など、行政機関・統制組合の事務所として原爆投下の日を迎える。
原爆ドーム(日本国)
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia