萩城下町エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本34.41301131.393763
最大34.4215131.412449
最小34.39501131.380177

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

萩城下町は、長州藩 (萩藩)の萩城を中心に形成された城下町です。
世界遺産としての「萩城下町」は、萩城跡・萩城城下町・堀内地区の3つの資産から構成されています。
また、長州藩の拠点として機能していました。

推定される住所 / Address

山口県萩市呉服町一丁目26-3
山口県萩市呉服町一丁目27-3
山口県萩市呉服町一丁目30-3
山口県萩市呉服町一丁目31-3
山口県萩市呉服町一丁目32-3

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[34.41301 / 131.393763]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

萩城下町(はぎじょうかまち、英語:HagiCastleTown。
福原広俊を江戸に上らせ、老中本多正信と折衝させる。
当初、福原は山陽道沿いの桑山、桑山が不可なら鴻ノ峰をと希望し「引こみ過ぎたる所」として指月に難色を示したが、本多は「当時の御分際にては成らざる山に候。
ただ指月然るべき所に候」として指月が選定された。
1604年6月に萩城の縄張りが終わると、翌年、諸士に宅地の配分を行った。
石高3000石以下は900坪、1500石以下は600坪、450石以下は400坪、150石以下は200坪、徒士・三十人通りは120坪、陣僧・足軽以下は70坪が配分された。
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO