松下村塾エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本34.41215131.417334
最大34.41227131.41743
最小34.41205131.417185

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

松下村塾は、幕末に長州萩城下の松本村(現在の山口県萩市)に存在した私塾である。
吉田松陰が同塾で指導した短い時期の塾生の中から、幕末より明治期の日本を主導した人材を多く輩出したことで知られています。

推定される住所 / Address

山口県萩市椿東531-3
山口県萩市椿東1527-3
山口県萩市椿東1528-3
山口県萩市椿東1529-3
山口県萩市椿東1530-3

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[34.41215 / 131.417334]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

松下村塾は、江戸時代末期に、長州萩城下の松本村に存在した私塾である。
吉田松陰が同塾で指導した短い時期の塾生の中から、幕末より明治期の日本を主導した人材を多く輩出したことで知られる。
29歳で刑死した師匠の松陰はじめ、本塾の主要な関係者の多くが、幕末の動乱期に若くして死んだ。
また維新後にも多くの門下生が、萩の乱に参加して刑死し、主催者の玉木文之進も責任を取る形で切腹死している。
しかし生き残った伊藤博文、山縣有朋、品川弥二郎、山田顕義、野村靖、松本鼎、岡部富太郎、正木退蔵など多くの卒業生が師や先輩の遺志を継ぎ、幕末の動乱を経て成立した明治新政府の首脳となり、明治期の日本で活躍して、近代日本国家の基礎を築いたのである。
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO