力石 [バス停]エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本34.1774936134.1667129
最大34.177693134.166952
最小34.177293134.166472

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

[志度~多和線 / さぬき市 / コミュニティバス]

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 馬草  0.4
2 上中山  0.8
3 多和小学校前  1.1
4 中山  1.4

[34.1774936 / 134.1667129]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

力石は、力試しに用いられる大きな石である。
日本では鍛錬と娯楽として、江戸時代から明治時代まで力石を用いた力試しが盛んに行われた。
磐持石/盤持石/晩持石、力試し石など地方によって様々に呼ばれた。
また、伝説的な人物が投げたと言い伝えられる力石も各地にある。
無銘の力石。
石占とは、神社・寺院に置かれた特定の石を持ち上げて重いと感じるか軽いと感じるかによって吉凶や願い事の成就を占うものである。
もともと占いのために持ち上げていたものが、娯楽や鍛錬のための力試しになったというのがこの説である。
しかし、全国の力石を調査した高島愼助によれば、石占的な談話はほとんど聞かれなかったとのことである。
力石の存在が確証されるのは、16世紀に作られた「上杉本洛中洛外図屏風」で、弁慶石の銘を持つ力石が描かれている。
『土佐物語』巻第五にも、永禄年間のこととして、磐持ちがなされた記述がみられる。
また、1603年の日葡辞書に力石の項があり、「力試しをする石」とされている。
江戸時代の連歌に「文治二年の力石もつ」という句があり、おそらく文治二年の銘か言い伝えがある力石があったのであろう。
現存する力石に刻まれた年としては、寛永9年が知られているかぎりもっとも古い。
最終更新:2017年5月1日(月)22:44 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO