神社 [バス停] [亀田郡七飯町 / 北海道]エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本41.8678912140.713288
最大41.868091140.713528
最小41.867691140.713048

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

[123 / 函館バス(株) / 路線バス]
[132 / 函館バス(株) / 路線バス]

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 湯出川 0.6
2 大中山 0.6
3 見暗通入口 0.8
4 武佐川橋 0.8

[41.8678912 / 140.713288]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

神社とは、日本固有の宗教である神道の信仰に基づく祭祀施設。
文部科学省の資料では、日本全国に約8万5千の神社がある[1]。
登録されていない数万の小神社を含めると、日本各地には10万社を超える神社が存在している。
また、近畿各地には生国魂神社など創建が古い神社が多く存在する。
[2]。
神聖とされた山岳や河川・湖沼などから、日本古来の神に属さない民俗神、実在の人物・伝説上の人物や、陰陽道・道教の神、神仏分離を免れた一部の仏教の仏神などの外来の神も含まれる。
また稲荷や猿、鯨など動物を祭神とする神社、子孫繁栄の象徴として男根の像を祀る神社もある。
古くは神聖な山、滝、岩、森、巨木などに「カミ」が宿るとして敬い、社殿がなくとも「神社」とした。
現在の社殿を伴う「神社」は、これらの神々が祀られた祭殿が常設化したものとされる。
神は目に見えないものであり、神の形は作られなかった。
神社の社殿の内部のご神体は神が仮宿する足場とされた御幣や鏡であったり、あるいはまったくの空間であることもあり、さまざまである。
最終更新:2017年5月23日(火)12:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO