関吉の疎水溝エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本31.64717130.552039
最大31.64731130.552715
最小31.64663130.551953

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

関吉の疎水溝は鹿児島県鹿児島市下田町にある用水路です。
1852年(嘉永6年)に築かれ薩摩藩第28代当主島津斉彬によって行われた集成館事業の動力源として利用されていました。

推定される住所 / Address

鹿児島県鹿児島市下田町1870-2
鹿児島県鹿児島市下田町2011-2
鹿児島県鹿児島市下田町2012-2
鹿児島県鹿児島市下田町2013-2
鹿児島県鹿児島市下田町2014-2

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[31.64717 / 130.552039]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

関吉の疎水溝(せきよしのそすいこう、英:SekiyoshiSluiceGateofYoshinoLeat。
2015年7月に行われた第39回世界遺産委員会において、「明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つとして世界文化遺産に登録された。
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO