堀之内 [バス停] [渋川市 / 群馬県]エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.540734139.0319245
最大36.540974139.032204
最小36.540494139.031644

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

[渋川駅-深山線 / 関越交通(株) / 路線バス]

推定される住所 / Address

群馬県渋川市上白井2796-9
群馬県渋川市上白井2806-9
群馬県渋川市上白井2808-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 敷島駅前 0.3
2 津久田 0.4
3 華蔵寺 0.5
4 梅木 0.6

[36.540734 / 139.0319245]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

堀之内は中世日本における武士・在地領主の館を指す歴史用語。
現地経営・支配の本拠として、武士・在地領主は交通の要衝となる道や港津の近隣や展望のきく高台などに館を置いた。
館は、周囲に堀・土塀などが築かれた。
館の規模は、1町-2町のものから、数十町に及ぶものまで様々あった。
館の門では、郎党らが常に番をしており、簡単な櫓が門に併設される例もあった。
館内部には、武家造と呼ばれる形式の母屋のほか、厩や下人・所従の小屋が置かれた。
さらに武芸の訓練のための馬場や弓場が設けられることもあった。
館、すなわち堀之内の様子を今によく伝えるのが、『一遍上人絵伝』『男衾三郎絵詞』などの絵画史料である。
これらの絵画史料から、館の前をたまたま通りがかった商人らが郎党に拉致され、武芸訓練として斬首される様子などをうかがい知ることができる。
最終更新:2017年6月20日(火)12:26 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO