土橋 [バス停] [沼田市 / 群馬県]エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.6566403139.0764445
最大36.65688139.076724
最小36.6564139.076164

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

[沼田駅-川場循環線 / 関越交通(株) / 路線バス]
[上毛高原駅-丸沼高原スキー場 / 関越交通(株) / 路線バス]

推定される住所 / Address

群馬県沼田市横塚町1325-9
群馬県沼田市横塚町1326-9
群馬県沼田市横塚町1350-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 沼田横塚町 0.3
2 横塚町 0.3
3 下久屋 0.4
4 下組 0.4

[36.6566403 / 139.0764445]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

土橋は、一般には木の橋の一種で、橋面に土をかけてならした橋である。
城における土橋はこれと異なり、堀を横断する通路として設けられる土の堤である。
そのままでは歩きにくいので、そこに土をかけて踏み固めると、へこんだ部分に土が詰まって平らになる。
これが土橋である。
江戸時代まで日本の川にかかる橋の圧倒多数は土橋で、かなり長い橋もこの方式で作られた。
板を橋面にした板橋は重要な少数に限られ、石橋はごく僅少であった。
木橋が激減した現代では、一般の道で土橋をみかけることはないが、山の中や自然公園の中には名もない小さな土橋が作られることが多い。
また、地名として土橋が日本全国に多数残る。
城に設けられる土橋は橋ではなく堤で、堀をめぐらす中で、出入りのための通路を細い土手として残したものである。
城の設計では、堀の通行に木橋を設けるか土橋を設けるかの選択があった。
土橋は戦闘中に攻撃側にも防御側にも破壊できない。
直接的な攻防があれば土橋は守る側の不利に働くが、木橋では攻める側が橋を落として封鎖することも容易で、長短がある。
最終更新:2017年6月20日(火)12:26 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO