日本銀行旧小樽支店金融資料館エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本43.196175141.000402
最大43.196575141.000802
最小43.195775141.000002

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

北海道小樽市色内1-11-16
北海道小樽市色内一丁目11-11
北海道小樽市色内一丁目9-11
北海道小樽市色内一丁目13-11
北海道小樽市稲穂一丁目2-11

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[43.196175 / 141.000402]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

日本銀行旧小樽支店金融資料館は、北海道小樽市にある資料館。
元は日本銀行の小樽支店として機能していた建物であり、2003年から日本銀行の広報施設として再オープンした。
建物は現在、小樽市指定文化財に指定されている。
入場料無料。
所在地は北海道小樽市色内1丁目11番16号。
その中で日本銀行も小樽市に参入、東京駅の設計者としても知られる辰野金吾や長野宇平治、岡田信一郎らが建物の設計を担当し、1912年に竣工した。
建物は積み上げた煉瓦の上にモルタルを塗った造りの2階建てで、ルネサンス様式が取り入れられている。
さらに、屋根には八幡製鉄所製の鉄骨が使用されており、小樽市内を眺めることのできる東側の塔にはイギリス製のらせん階段が取り付けられた。
総工費は当時の金額で40万円に上り、これは日本銀行本店と日本銀行大阪支店に次いで3番目に高額な建設費だったという。
2002年9月13日、日本銀行札幌支店に統合が決定し、小樽支店としての営業は廃止となった。
その後、改築工事が行われ、2003年5月14日に新しく金融資料館として開館。
館内に歴史をはじめとする金融資料を展示するなど、日本銀行の広報施設として機能する建造物となった。
開館以降、2006年時点で25万人を超える来場者を記録、2006年2月10日には冬季の開館時間を30分延長し、現在の開館時間となった。
日本銀行旧小樽支店金融資料館Bank of Japan Otaru Museum
日本銀行旧小樽支店金融資料館の位置
施設情報
前身 日本銀行小樽支店
専門分野 日本銀行
事業主体 日本銀行
開館 2003年5月14日
所在地 〒047-0031北海道小樽市色内1丁目11番16号
プロジェクト:GLAM
表示
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO