三角港エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本32.6071130.470042
最大32.609189130.472946
最小32.60511130.467496

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

三角港は、熊本県宇城市三角町にある港湾である。
港湾管理者は熊本県。
港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[32.6071 / 130.470042]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

三角港は、熊本県宇城市三角町にある港湾である。
港湾管理者は熊本県。
港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。
西港と東港に別れているが、西港は、世界遺産「明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつである。
1974年撮影の6枚を合成作成。
国土交通省国土画像情報を基に作成。
三角西港の埠頭。
明治の築港時の石積み埠頭が現存する。
三角港は西港と東港に分かれており、1884年に西港の整備が始められ、1887年に開港した。
近代的港湾としては、日本でも最古にあたる。
三角西港の建設には国費が投じられ、宮城県の野蒜築港、福井県の三国港とともに明治の三大築港と呼ばれる。
1880年、熊本県は坪井川河口の百貫港。
水路のために町は三区に分かれ、北部から西港一区、二区、三区と呼ばれた。
石積み水路は完成したものの、海水が全ての水路まで届かず本来の機能を発揮できなかった。
工事は全てを切り出した石材で港を構築した。
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO