市場 [バス停] [舞鶴市 / 京都府]エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.4769184135.4033136
最大35.477158135.403593
最小35.476678135.403033

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

[市内線14 / 京都交通(株) / 路線バス]
[市内線36 / 京都交通(株) / 路線バス]
[市内線58 / 京都交通(株) / 路線バス]
[朝来循環線14 / 京都交通(株) / 路線バス]
[東西循環線12 / 京都交通(株) / 路線バス]
[東西循環線23 / 京都交通(株) / 路線バス]
[高浜線10 / 京都交通(株) / 路線バス]

推定される住所 / Address

京都府舞鶴市字市場68-6
京都府舞鶴市字市場69-6
京都府舞鶴市字市場71-6

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 松島 0.2
2 浮島市病前 0.4
3 市民病院前 0.4
4 矢之助 0.4

[35.4769184 / 135.4033136]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

市場」「市庭」とも言う。
この種の市場は非常に古く、無数の市場が世界中で運営されている。
主に野菜、果物、魚介類などの生鮮食品や、株式や債券など証券、為替などの金融取引の場を指すことが多い。
証券・為替など金融関係では「しじょう」と読まれる。
また、施設の名称も「しじょう」となっているところも多い。
語源 : 日本語における「市」あるいは「市場」という語は、中国の『易経』繋辞下伝にある「日中為市、致天下之民、聚天下之財、交易而退、各得其所」に由来するとも言われている。
古代中国では、官庁のある都市の特定の区域以外での商売は禁じられており、そこを「市」と称した。
市場の歴史 : 起源 : グリァスンは沈黙交易の研究を通して、市場の成立について以下のような類型を示唆した。
姿を見せぬ交易 姿を見せる交易 客人の招請 姿を見せる仲介者づきの交易 集積所 中立的な交易 武装市場 定市場 グリァスンは、人間集団が平和に交流できる中立的な場所として市場を定義した。
また、市場の存在によって特定の場所に平和が保存され、それが市場への路や人物にも広がることで、さらに平和の範囲が進展すると述べた。
カール・ポランニーは、市場制度が発達する起源として、対外市場と地域市場の二つをあげる。
対外市場は貿易など共同体の外部からの財の獲得に関係し、地域市場は共同体での食糧の分配に関係する。
地域市場は、さらに二つの形態に分かれる。
第1は物資を中央に集めて分配する形態で、灌漑型の国家に顕著に見られる。
第2は地域の食料を販売する形態で、古代ギリシアの小農経済や叢林型経済に顕著なものとなる。
最終更新:2017年8月28日(月)10:20 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO