祝園駅 [バス停] [相楽郡精華町 / 京都府]エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本34.7604273135.7917674
最大34.760667135.792047
最小34.760187135.791487

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

[三山木高船73 / 奈良交通(株) / 路線バス]
[光台住宅36 / 奈良交通(株) / 路線バス]
[木津高山74 / 奈良交通(株) / 路線バス]
[祝園登美ヶ丘41 / 奈良交通(株) / 路線バス]
[祝園登美ヶ丘47 / 奈良交通(株) / 路線バス]
[祝園登美ヶ丘48 / 奈良交通(株) / 路線バス]
[祝園駅木津川台66 / 奈良交通(株) / 路線バス]
[精華台住宅38 / 奈良交通(株) / 路線バス]
[精華台住宅39 / 奈良交通(株) / 路線バス]
[木津高山74 / 奈良交通(株) / 路線バス]

推定される住所 / Address

京都府相楽郡精華町祝園西一丁目28-6
京都府相楽郡精華町祝園西一丁目30-6
京都府相楽郡精華町大字祝園小字大池22-6

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[34.7604273 / 135.7917674]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

祝園駅は、京都府相楽郡精華町大字祝園小字長塚にある、西日本旅客鉄道片町線の駅。
精華町の代表駅である。
1907年10月1日-関西鉄道が国有化され、国有鉄道の駅になる。
1909年10月12日-線路名称制定。
桜ノ宮線の所属となる。
1913年11月15日-線路名称改定。
桜ノ宮線が片町線に編入され、当駅もその所属となる。
1987年4月1日-国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。
国鉄時代の片町線の祝園駅、長尾から京都・奈良寄りの区間ではまだ古いディーゼルカーが走っていた 1988年3月13日-路線愛称の制定により、「学研都市線」の愛称を使用開始。
1994年9月14日-橋上駅舎と近鉄新祝園駅を結ぶ連絡橋が完成。
2003年11月1日-ICカード「ICOCA」の利用が可能となる。
2007年2月2日-みどりの窓口営業開始。
2010年3月13日-7両編成での運転を開始。
これに伴いホームを7両編成対応に延長。
2011年3月8日-JR宝塚・JR東西・学研都市線運行管理システム導入。
接近メロディ導入。
2015年 4月30日-みどりの窓口営業終了。
5月1日-みどりの券売機プラス営業開始。
2018年-駅ナンバリング導入予定。
駅構造 : 交換設備を有した相対式ホーム2面2線と木津方面ホーム東側に留置線2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。
京橋側にも引き上げ線が1本設置されている。
ホームとは跨線橋で結ばれている。
一部時間帯は無人となる。
そのため改札機・券売機・精算機付近にはインターホンがあり、無人時間帯はコールセンターのオペレーターが対応し、各種機器を遠隔制御している。
ホーム長は4両分だったが、2010年3月13日のダイヤ改正に伴い、木津駅-京田辺駅間でも7両編成の運行となったため、対応する改良工事を施した。
これにより、かつての中線を上り本線として再整備し、7両対応の上りホームは従来の上り本線の敷地に新設した。
1972年-1992年は無人駅扱いで出札業務は行わず、運転要員だけ配置されていた。
祝園駅
駅舎(2006年10月28日)
ほうその Hōsono
◄西木津 (2.9km) (2.3km) 下狛►
京都府相楽郡精華町大字祝園小字長塚1-50北緯34度45分35.88秒 東経135度47分30.98秒 / 北緯34.7599667度 東経135.7919389度 / 34.7599667; 135.7919389
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 H 片町線(学研都市線)
キロ程 5.1km(木津起点)
電報略号 ホソ
駅構造 地上駅(橋上駅)
ホーム 2面2線
乗車人員-統計年度- 2、096人/日(降車客含まず)-2015年-
開業年月日 1898年(明治31年)6月4日
乗換 新祝園駅(近鉄京都線)
備考 業務委託駅みどりの券売機プラス設置駅
最終更新:2017年8月28日(月)10:20 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO