馬廻 [バス停] [枚方市 / 大阪府]エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本34.8040333135.7445981
最大34.804273135.744878
最小34.803793135.744318

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

[枚方・京田辺営業所79 / 京阪バス(株) / 路線バス]
[枚方・京田辺営業所80 / 京阪バス(株) / 路線バス]
[枚方・京田辺営業所81 / 京阪バス(株) / 路線バス]

推定される住所 / Address

大阪府枚方市尊延寺518-6
大阪府枚方市尊延寺627-6
大阪府枚方市尊延寺648-6

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 河内峠 0.5
2 三陽台 0.8
3 宗谷 0.9
4 穂谷口 1.2

[34.8040333 / 135.7445981]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

馬廻は、騎馬の武士で、大将の馬の周囲に付き添って護衛や伝令及び決戦兵力として用いられた武家の職制のひとつ。
平時にも大名の護衛となり、事務の取次ぎなど大名の側近として吏僚的な職務を果たすこともあった。
武芸に秀でたものが集められたエリートであり、親衛隊的な存在であったとされる。
武家の職制として確立されたのは戦国時代後半とされる。
大名家によって様々な呼び名があり、後北条氏の馬廻衆が有名である。
織田信長の馬廻衆は、小姓と並んで土豪の次男・三男などから編成され、信長の側近として活躍した。
信長の馬廻・小姓の精鋭は赤・黒二色の母衣衆に抜擢され、そこから部隊の指揮官に昇進した例も多い。
最終更新:2017年8月28日(月)10:20 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO