田島弥平旧宅エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.24628139.238874
最大36.24685139.239864
最小36.24581139.237311

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

田島弥平旧宅は、群馬県伊勢崎市境島村にある歴史的建造物です。明治初期に大きな影響力を持った養蚕業者田島弥平が自身の養蚕理論に基づいて改築した民家です。

推定される住所 / Address

群馬県伊勢崎市境島村2247-9
群馬県伊勢崎市境島村2245-9
群馬県伊勢崎市境島村2280-9
群馬県伊勢崎市境島村2157-9
群馬県伊勢崎市境島村2158-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 小和瀬北 0.4
2 宮戸 0.8
3 小和瀬 1.0
4 下仁手 1.7
5 滝瀬 1.7

[36.24628 / 139.238874]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

田島弥平旧宅は、群馬県伊勢崎市境島村にある歴史的建造物。
明治初期に大きな影響力を持った養蚕業者田島弥平が自身の養蚕理論に基づいて改築した民家である。
「近代養蚕農家の原型」とも言われるその旧宅は、2012年に国の史跡に指定され、2013年に「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として世界遺産リストに登録された。
明治初期に広く行われた蚕の養育法である「清涼育」を確立し、自宅の主屋2階および納屋を蚕室として改築し、その実践に努めた。
彼は単に育成法を確立しただけでなく、それに適した蚕室構造も確立し、著書などを通じてその普及にも寄与した。
そうした彼の近代養蚕業への貢献に対し、1892年に緑綬褒章が授与された。
島村式蚕室 : 田島弥平は当初、気温の調節をほとんど行わない自然育によって蚕を育てていたが、火気によって室内を暖める温暖育へと転換した。
しかし、これがうまくいかないとなると、試行錯誤を重ねて独自の「清涼育」を確立するに至った。
弥平は清涼育の実践のために、安政3年に納屋を改造して2階建ての蚕室とし、その年の失敗を踏まえて、翌年に換気のための窓(ヤグラ。
田島弥平旧宅
所在地 群馬県伊勢崎市境島村甲2243番地、乙2243番地
位置 北緯36度14分47秒・東経139度14分20秒
類型 養蚕農家
形式・構造 木造2階建て、切妻桟瓦葺き、総ヤグラ
敷地面積 4,009.91 m2
延床面積 566.357 m2(主屋1階310.113m2、2階256.244m2)
建築年 文久3年(1863年)
文化財 史跡(国指定)世界遺産構成資産
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO