はいびすかす [バス停] [鹿児島市 / 鹿児島県]エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本31.5903918130.5631412
最大31.590631130.563421
最小31.590151130.562861

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

[山形屋バスセンター~谷山電停~卸本町~七ツ島一丁目 / 鹿児島交通(株) / 路線バス]

推定される住所 / Address

鹿児島県鹿児島市住吉町14-2
鹿児島県鹿児島市住吉町10-2
鹿児島県鹿児島市住吉町11-2

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[31.5903918 / 130.5631412]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

はいびすかすは鹿児島商船が運航するフェリー。
鹿児島港から種子島を経由して屋久島までを結ぶ航路に就航している。
提携していた九州商船の種子島航路廃止により、自社でフェリーを運航する必要が発生したため、2005年8月より旅客運航を行うための改造を受け、2005年6月27日より同航路に就航していたぶーげんびりあにかわって、2005年11月1日よりフェリーとして就航した。
2008年12月22日より屋久島航路にフェリー屋久島丸が就航したため、はいびすかすは種子島航路のみの就航となっていたが、2011年1月31日に屋久島丸が運航終了となったため、再び、屋久島にも就航するようになった。
鹿児島商船グループの新屋敷商事が保有、運航しており、代理店は鹿商海運が担当している。
鹿児島港谷山港二区に1日1往復で就航している。
夕方に鹿児島港を出港、夜間に西之表港に到着したのち、翌朝に宮之浦港へ向けて出港、1時間20分の停泊時間で同港を折り返し、午前中に西之表港に寄港、午後に鹿児島港に帰港するダイヤである。
屋久島丸の就航時は、朝に鹿児島港を出港、昼過ぎに西之表港に到着し、夕方に鹿児島港へ帰港するダイヤで運航されていた。
はいびすかす
屋久島宮之浦港に接岸するはいびすかす
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本
所有者 新屋敷商事
運用者 新屋敷商事
建造所 福岡造船
信号符字 JM6188
IMO番号 9100279
MMSI番号 431602089
改名 ぎおん丸(1994-2005)
経歴
進水 1994年3月
竣工 1994年
要目
総トン数 1、798トン
全長 105.62m
全幅 17.0m
満載喫水 5.4 m
機関方式 ディーゼル
出力 5、957kW
航海速力 19ノット
旅客定員 212名
積載能力 コンテナ126個
車両搭載数 大型車7台、乗用車40台
最終更新:2017年10月19日(木)23:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO