東寺エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本34.982135.747854
最大34.9824135.749259
最小34.9791135.746083

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

東寺は京都市南区九条町にある仏教寺院です。
真言宗の根本道場であり東寺真言宗の総本山でもあり教王護国寺とも呼ばれています。
山号は八幡山、本尊は薬師如来、寺紋は雲形紋(東寺雲)です。
宗教法人としての登録名は「教王護国寺」です。

推定される住所 / Address

京都府京都市南区九条町1-6
京都府京都市南区九条町399-6
京都府京都市南区九条町400-6
京都府京都市南区九条町401-6
京都府京都市南区九条町412-6

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[34.982 / 135.747854]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

東寺。
東寺は平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より空海に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。
中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している。
昭和9年に国の史跡に指定、平成6年12月には「古都京都の文化財」として世界遺産に登録された。
東寺
所在地 京都府京都市南区九条町1
位置 北緯34度58分49.3秒・東経135度44分51.7秒
山号 八幡山
宗旨 東寺真言宗
寺格 総本山
本尊 薬師如来(重要文化財)
創建年 延暦15年(796年)
開基 桓武天皇
正式名 金光明四天王教王護国寺秘密伝法院宗教法人公称:教王護国寺正式名別称:弥勒八幡山総持普賢院
別称 左大寺
札所等 真言宗十八本山第9番西国愛染十七霊場第8番洛陽三十三所観音霊場第23番京都十三仏霊場第12番都七福神(毘沙門天)神仏霊場巡拝の道 第84番京都十二薬師霊場第2番
文化財 金堂、五重塔、御影堂、蓮花門絹本著色真言七祖像、不動明王坐像ほか(国宝)世界遺産
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO