初沢城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.63566139.278907
最大35.63583139.279218
最小35.6354139.278585

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

初沢城(はつざわじょう)は、現在の東京都八王子市初沢町にあった山城です。
別名は、椚田城、高乗寺城とも呼ばれていました。
1590年の豊臣秀吉による八王子城攻めの落城とともに、初沢城も落城、廃城となった。
現在はハイキングコースとして整備され、東京都の指定史跡となっています。

推定される住所 / Address

東京都八王子市初沢町1389-9
東京都八王子市初沢町1327-9
東京都八王子市初沢町1316-9
東京都八王子市初沢町1318-9
東京都八王子市初沢町1328-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 高尾駅南口 0.7
2 拓殖大 0.7
3 河原宿 0.7
4 小名路 0.8
5 落合 0.8

[35.63566 / 139.278907]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

初沢城は、現在の東京都八王子市初沢町にあった中世の日本の城である。
別名を、椚田城・高乗寺城という。
「新編武蔵風土記稿」によれば、鎌倉幕府初期の御家人で武蔵七党の横山党の一族・椚田氏の居城と推測されている。
長井氏は鎌倉幕府初期の重臣・大江広元を祖先に持ち、横山党が1213年、扇谷上杉軍が山内上杉軍を破った立河原の戦いの際、落城した扇谷上杉方の椚田塁に比定される。
後北条時代、八王子城の出城の一つとされ、1590年の豊臣秀吉による八王子城攻め、落城とともに初沢城も落城、廃城となった。
初沢城(東京都)
初沢城遠景
別名 椚田城、高乗寺城
城郭構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 椚田氏か
築城年 鎌倉時代初期か
主な改修者 長井氏、山内上杉氏
主な城主 椚田氏、長井氏、三田氏宗、北条氏
廃城年 天正18年(1590年)
遺構 土塁、堀
指定文化財 なし
位置 北緯35度38分8.37秒・東経139度16分44.04秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO