河村城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.35497139.077215
最大35.35605139.078889
最小35.35409139.075112

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

河村城(かわむらじょう)は、神奈川県の足柄上郡山北町にあった山城です。
現在は、河村城址歴史公園として整備されています。
本丸やその他の郭、畝掘などの遺構が残っています。

推定される住所 / Address

神奈川県足柄上郡山北町岸3053-9
神奈川県足柄上郡山北町岸3066-9
神奈川県足柄上郡山北町岸3067-9
神奈川県足柄上郡山北町岸3079-9
神奈川県足柄上郡山北町岸3088-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 日向 0.4
2 高瀬 0.5
3 萩原中 0.7

[35.35497 / 139.077215]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

河村城は、神奈川県の足柄上郡山北町にあった日本の城。
歴史・沿革 : 河村城は平安時代末期に藤原秀郷の流れをくむ河村秀高によって築かれたとされる。
建武の新政・南北朝時代に入ると、河村氏は新田氏に協力し南朝方につき、北朝方の足利尊氏と対峙したといわれ、1352年から2年間、河村秀国・河村秀経らは新田義興・脇屋義治とともこの城に立てこもり、畠山国清を主将とする足利尊氏軍の攻撃をしのいだとされる。
しかし、南原の戦いで敗れ落城し河村一族の多くは討死し、新田義興・脇屋義治は中川城を経て甲州に逃れたとされる。
河村城(神奈川県)
城郭構造 連郭式山城
築城主 河村氏
築城年 平安時代末期?
主な改修者 後北条氏
主な城主 不明
廃城年 不明
遺構 郭、堀切、復元畝堀、井戸
指定文化財 なし
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO