矢板駅(東北線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.80662139.932975
最大36.80702139.933375
最小36.80622139.932575

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

栃木県矢板市扇町一丁目1-9
栃木県矢板市扇町一丁目13-9
栃木県矢板市末広町17-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[36.80662 / 139.932975]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

矢板駅は、栃木県矢板市扇町一丁目にある、東日本旅客鉄道・日本貨物鉄道東北本線の駅である。
JR東日本の「宇都宮線」の愛称区間に含まれている。
一般駅。
1906年11月1日-鉄道国有法により国有化。
1909年10月12日-線路名称制定により東北本線の所属となる。
1924年3月1日-下野電気鉄道により高徳-天頂間開通。
軌間762mm。
1929年10月22日-天頂-矢板間開通、軌間1067mmに改軌。
東武鉄道より蒸気機関車3両、客車2両、貨車2両を借り入れ下今市-矢板間直通運転開始。
1943年5月1日-東武鉄道が下野電気鉄道を買収、同社の矢板線となる。
1959年6月30日-東武矢板線廃止。
1984年2月1日-荷物の取扱を廃止。
1987年4月1日-国鉄分割民営化によりJR東日本・JR貨物の駅となる。
1988年3月13日-コンテナ貨物の取扱を開始。
2004年10月16日-ICカードSuica供用開始。
2006年3月18日-貨物列車の発着がなくなる。
2007年3月18日-トラック便運行開始。
2009年3月31日-構内にあったキヨスクが営業を終了。
2010年3月31日-バリアフリー構内跨線橋設置。
2016年2月19日-みどりの窓口営業終了。
昭和20年代から30年代にかけて、戦災復興の東京へ向けて高原山周辺より大量の木材が集められ当駅より積み出された。
東武矢板線沿線や当駅周辺には大きな製材所が多数立地していた。
駅構造 : 島式ホーム1面2線、単式ホーム1面1線を持つ地上駅。
単式ホーム側に駅舎がある。
構内には、Suica対応自動改札機や指定席券売機がある。
2009年3月31日まではあわせてキオスクもあったが、この日の営業をもって営業を終了し、同年4月8日に店舗は撤去された。
また、駅前にはロータリーがある。
バリアフリー化の為の構内跨線橋架け替えとエレベータの設置工事が国の補助事業として2009年度に行われた。
また、再開発が進む駅東口の利便性改善のため、橋上駅舎の要望が市民から寄せられているが、現時点で具体的な計画はない。
矢板駅
駅舎
やいた Yaita
◄片岡 (6.3km) (4.8km) 野崎►
所在地 栃木県矢板市扇町一丁目1-1北緯36度48分24.58秒・東経139度55分58.69秒
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)日本貨物鉄道(JR貨物)*
所属路線 ■東北本線(宇都宮線)
キロ程 141.8km(東京起点)東京から尾久経由で142.0km
電報略号 ヤイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員-統計年度- 2,881人/日(降車客含まず)-2015年-
開業年月日 1886年(明治19年)10月1日
* オフレールステーションを併設。
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO