岩槻城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.95174139.710798
最大35.95324139.712963
最小35.94893139.705153

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

岩槻城(いわつきじょう)は、武蔵国埼玉郡岩槻にあった岩槻藩の藩庁です。
江戸時代以前には岩付城、岩附城とも言われてました。
埼玉県さいたま市岩槻区に位置しています。
現在は、岩槻城址公園として整備されています。

推定される住所 / Address

埼玉県さいたま市岩槻区太田三丁目4-9
埼玉県さいたま市岩槻区太田三丁目6-9
埼玉県さいたま市岩槻区太田二丁目10-9
埼玉県さいたま市岩槻区太田三丁目7-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[35.95174 / 139.710798]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

岩槻城は、武蔵国埼玉郡岩槻。
江戸時代以前には岩付城、岩附城とも書かれた。
県指定史跡。
最近、成田氏築城説の根拠となった史料について、新たな解釈が示されている。
本史料で築城者「正等」の子としている「顕泰」は成田顕泰ではなく、長尾忠景の三男であり太田道真の養子になった人物とし、「正等」は道真の法諱とみなす。
2014年の時点では太田氏築城説と成田氏築城説が並立している状態であるという。
その後、永正7年には、古河公方奉公衆である渋江氏が岩付城主となったとみられている。
岩槻城(埼玉県)
岩槻城黒門
別名 岩付城、岩附城、白鶴城、浮城
城郭構造 総曲輪式平城
天守構造 不明
築城主 成田正等
築城年 1478年(文明10年)
主な改修者 後北条氏
主な城主 成田氏、太田氏、後北条氏、大岡氏他
廃城年 1871年(明治4年)
遺構 現存門、土塁、曲輪、空堀、土橋、馬出し
指定文化財 なし
位置 北緯35度57分4.85秒・東経139度42分36.86秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO