河越館(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.9311139.451694
最大35.93132139.452102
最小35.93073139.451383

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

河越館(かわごえかん/かわごえやかた)は、埼玉県川越市上戸に所在した日本の城です。
別名は、鯨井城、上戸城、河越城、上戸陣所とも呼ばれます。
現在は、河越館跡史跡公園として整備されています。

推定される住所 / Address

埼玉県川越市大字上戸194-9
埼玉県川越市大字上戸390-9
埼玉県川越市大字上戸382-9
埼玉県川越市大字上戸385-9
埼玉県川越市大字上戸379-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[35.9311 / 139.451694]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

河越館四方の占地規模を持つ館跡遺跡。
河越館を興したのは初代能隆、あるいは父親の重隆とされる。
河越氏は、平安時代末期に河越荘の開発領主として勢力を伸ばし、自領を後白河上皇に寄進し、その荘官となった。
河越重頼のとき源頼朝に重用され、その娘が源義経の正妻となったが、義経没落の際に縁坐して重頼は誅殺された。
河越館(埼玉県)
跡地にある常楽寺の山門
別名 鯨井城、上戸城、河越城、上戸陣所
城郭構造 平城
天守構造 なし
築城主 河越能隆か
築城年 平安時代末期
主な改修者 不明
主な城主 河越氏、上杉顕定、大道寺政繁
廃城年 天正18年(1590年)か
遺構 土塁・空堀の一部
再建造物 国指定史跡河越館跡史跡公園
位置 北緯35度55分47.7秒・東経139度27分5.5秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO