杉山城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.0533139.322584
最大36.05351139.323002
最小36.05312139.322294

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

杉山城(すぎやまじょう)は、埼玉県比企郡嵐山町にあった日本の城です。
別名は、初雁城と言います。
「比企城館跡群」の名称で国の史跡に指定さています。

推定される住所 / Address

埼玉県比企郡嵐山町大字杉山1104-9
埼玉県比企郡嵐山町大字杉山1085-9
埼玉県比企郡嵐山町大字志賀316-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[36.0533 / 139.322584]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

杉山城は、埼玉県比企郡嵐山町にあった日本の城。
別名は初雁城。
築城主は不明。
地元豪族の金子主水の築城によるとの伝承はあるが、文献資料にはあらわれない。
従来、城の縄張りの観点から後北条氏の時代に造築されたものではないかとの見方が有力であったが、発掘調査にもとづく考古学的な知見からは山内上杉氏時代の城である可能性が非常に強くなってきた。
この縄張りを主とする城郭史的観点と考古学的観点の見解の相違を「杉山城問題」と呼んでいたが、後に発掘調査を裏付ける文書の提示により文献史学的観点を含めた見解の相違へと深化している。
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO