難波田城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.85789139.567909
最大35.85852139.568574
最小35.85734139.566944

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

難波田城(なんばたじょう)は、埼玉県富士見市南畑にあった平城です。
現在は、難波田城公園として整備されています。

推定される住所 / Address

埼玉県富士見市大字下南畑581-9
埼玉県富士見市下南畑1695-9
埼玉県富士見市下南畑1696-9
埼玉県富士見市下南畑1697-9
埼玉県富士見市下南畑1698-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[35.85789 / 139.567909]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

難波田城は、埼玉県富士見市南畑にあった日本の城。
埼玉県旧跡。
難波田城公園として整備されている。
鎌倉時代に村山党金子氏の金子家範の子、高範が当地を与えられ地名を苗字として館を構えたのが始まりと言われている。
『新編武蔵風土記稿』には築城から廃城に至るまでだけでなく具体的に城郭の構造にも触れられており。
その後、大田資正が岩付城を追われたことで難波田城も北条方に戻っている。
小田原征伐の武州松山城落城と共に廃城となった。
現在城跡は市の発掘調査後に「難波田城公園」として整備されている。
市教育委員会の発掘調査によると古図とほぼ同様に三重の堀と本郭を中心に郭が同心円状に配置され、建物跡や倉庫跡が発掘された。
難波田城(埼玉県)
水濠(2012年9月)
別名 南畑城
城郭構造 平城
天守構造 無し
築城主 難波田高範
築城年 鎌倉時代
主な改修者 上田氏
主な城主 難波田氏、上田氏
廃城年 天正18年(1590年)
遺構 土塁?、堀? cultural asset = 埼玉県指定旧跡
指定文化財 なし
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO