小樽駅(函館線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本43.19712140.99368
最大43.19752140.99408
最小43.19672140.99328

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

北海道小樽市稲穂二丁目22-11
北海道小樽市富岡二丁目1-11
北海道小樽市富岡二丁目2-11
北海道小樽市稲穂二丁目20-11
北海道小樽市富岡一丁目8-11

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 小樽駅 0.1
2 小樽駅前 0.1
3 小樽駅前通 0.2
4 NTT前 0.2
5 中央通 0.3

[43.19712 / 140.99368]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

小樽駅は、北海道小樽市稲穂2丁目にある北海道旅客鉄道函館本線の駅。
駅番号はS15。
電報略号はオタ。
当駅を境に余市・倶知安・長万部方面は単線非電化区間、札幌方面は複線電化区間となる、かつては本州と北海道を結ぶ大動脈であった。
現在は比較的勾配が緩く、高速運行が可能な通称「海線」経由へ変更されているため、臨時特急列車を除き快速「ニセコライナー」を含む全ての列車が各駅停車でローカル輸送に特化した区間になっている。
運行本数のほぼ半数は倶知安・然別までの区間運行となる。
一方、札幌方面は都市間・通勤輸送の需要が大きく、当駅を始発として新千歳空港駅まで直通する快速「エアポート」や岩見沢行の区間快速「いしかりライナー」・倶知安方面から札幌まで直通する快速「ニセコライナー」などを運行している。
歴史 : 1903年 6月28日:北海道鉄道蘭島駅-当駅間の開業に伴い、小樽中央駅として開業。
7月1日:稲穂駅に改称。
1904年10月15日:北海道鉄道の歌棄駅-小沢駅間が延伸開業し、同線が全通。
同時に、高島駅に改称。
1905年 8月1日:北海道鉄道の当駅-小樽駅間開通。
12月15日:中央小樽駅に改称。
1907年7月1日:北海道鉄道の国有化に伴い、国有鉄道に移管。
1909年10月12日:国有鉄道線路名称制定に伴い、函館本線の駅となる。
1911年7月6日:2代目駅舎に改築。
1913年。
1920年は南小樽駅に改称。
1927年7月1日:小樽機関庫を廃止し、小樽築港駅に小樽築港機関庫新設。
1934年に改築。
1949年6月1日:日本国有鉄道法施行に伴い、日本国有鉄道に継承。
1950年以降:小樽築港客貨車区小樽支区設置。
1964年10月1日:貨物取扱い廃止。
1965年8月29日:函館本線の当駅-南小樽駅間が複線高架化供用開始。
1968年8月28日:函館本線の当駅-滝川駅間を電化。
1969年10月1日:小樽築港客貨車区小樽支区廃止。
1987年4月1日:国鉄分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道に継承。
1989年5月15日:上野駅と姉妹駅提携。
1997年12月1日:小樽運転所を当駅構内に移転。
1998年:自動改札機導入。
2003年:駅開業100周年を記念し、4番ホームを石原裕次郎に因み「裕次郎ホーム」と命名。
2006年3月27日:小樽駅本屋・プラットホームが国の「登録有形文化財」となる。
2007年10月1日:駅ナンバリングを実施。
2008年10月25日:ICカードKitaca使用開始。
2010年10月:小樽駅本屋が「準鉄道記念物」指定。
2012年4月25日:小樽駅のリニューアル工事完了。
2015年10月30日:指定席券売機導入。
2016年4月1日:駅コンコースに観光案内所設置。
2017年3月18日:ツインクルプラザが閉店。
臨時列車「SLニセコ号」 区間快速「いしかりライナー」 臨時特急「ヌプリ」 駅構造 : 1934年の駅舎。
島式ホーム2面4線を有する地上駅。
ホームは駅舎の2階相当の高さにあり、改札口から地下道を経由して階段を上ってホームへ向かう。
ホームの付番は駅舎側から5、4、2、1番線で、5番線は行き止まり式のホームであり。
これは、かつてNHKの番組ロケーション撮影で訪れた際、このホームに降り立ったのが由来である。
ホームには等身大パネルが設置され、番号表示灯の数字「4」をヨットに見立ててデザインしているほか、裕次郎の曲も流されている。
小樽駅
駅舎(2012年8月)
おたる Otaru
◄S16 塩谷 (7.7km) (1.6km) 南小樽 S14►
所在地 北海道小樽市稲穂2丁目22番15号北緯43度11分51.2秒・東経140度59分37.9秒
駅番号 ○S15
所属事業者 北海道
所属路線 ■函館本線
キロ程 252.5km(函館起点)
電報略号 ヲタ→オタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗車人員-統計年度- 8、973人/日(降車客含まず)-2015年-
開業年月日 1903年(明治36年)6月28日
備考 社員配置駅みどりの窓口 有
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO