伊賀上野駅(伊賀線)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本34.788909136.122812
最大34.789309136.123212
最小34.788509136.122412

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

推定される住所 / Address

三重県伊賀市三田948-6
三重県伊賀市三田986-6
三重県伊賀市三田1030-6
三重県伊賀市三田1049-6
三重県伊賀市三田966-6

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[34.788909 / 136.122812]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

伊賀上野駅は、三重県伊賀市三田にある、西日本旅客鉄道・伊賀鉄道の駅である。
JR西日本および伊賀鉄道の共同使用駅で、JR西日本が管理している。
駅業務はJR西日本が担当し、関西本線非電化区間の途中駅としては、亀山鉄道部が管理している唯一の直営駅である。
歴史 : JR西日本 : 1897年 1月15日-関西鉄道の路線として柘植駅-当駅間が開通した際に、同社の上野駅として開業。
11月11日-関西鉄道が加茂駅まで延伸。
途中駅となる。
1907年10月1日-関西鉄道が国有化され、国有鉄道の駅になる。
1909年10月12日-線路名称制定により、関西本線所属となる。
1916年9月11日-伊賀上野駅に改称。
1984年2月1日-貨物営業廃止。
1987年4月1日-国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。
伊賀鉄道 : 1916年である。
1919年10月1日軌道から地方鉄道へ転換 1920年3月-上野駅連絡所廃止、国有鉄道伊賀上野駅に統合し業務委託。
1929年3月31日-伊賀電気鉄道が大阪電気軌道に合併し、同社の駅となる。
1931年9月26日-伊賀線が参宮電気鉄道に譲渡され、同社の駅となる。
1941年3月15日-参宮急行電鉄が大阪電気軌道と合併、新発足した関西急行鉄道の駅となる。
1944年6月1日-戦時統合により関西急行鉄道が近畿日本鉄道に改組され、同社の駅となる。
2007年10月1日-伊賀線が近鉄より経営分離され、伊賀鉄道の駅になる。
駅構造 : 地上駅であり、切欠ホームの1番のりばがある単式ホームの2番のりばと、島式ホームの3・4番のりばの複合型2面4線のホームを持つ。
伊賀鉄道が1番のりば、JRが2・3・4番のりばを使用している。
駅舎は2番ホーム側にあり、島式ホームへは跨線橋で結ばれている。
2・3番のりばは場内信号機・出発信号機が一方向のみの設置であり、逆線入線ができないが、4番のりばのみ双方向に設けられている。
そのため、当駅折り返しの加茂方面行きは4番のりばを使っている。
自動券売機があり、JRの券売機で伊賀鉄道の乗車券も発売、伊賀鉄道唯一の磁気券となる。
ホーム上には伊賀鉄道からJRに乗り換える利用客向けの券売機が設置されており、JRの乗車券が販売されている。
便所は2番ホーム上亀山寄りにあり、バリアフリー対応・男女別の水洗式。
2007年に改築されるまでは男女共用の汲取式であった。
改札外の公衆便所も同じ建物にある。
伊賀上野駅*
駅舎
いがうえの Iga-Ueno
所在地 三重県伊賀市三田北緯34度47分20.55秒・東経136度7分24.91秒
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本) 伊賀鉄道
電報略号 ヘノ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗車人員-統計年度- (JR西日本)656人/日(伊賀)342人/日(降車客含まず)-2014年-
開業年月日 1897年(明治30年)1月15日(JR)1916年(大正5年)8月8日(伊賀)
乗入路線 2 路線
所属路線 V 関西本線(JR西日本)
キロ程 94.5km(名古屋起点)亀山から34.6km
◄佐那具 (4.0km) (7.3km) 島ケ原►
所属路線 ■伊賀線**
キロ程 0.0km(伊賀上野起点)
(0.8km) 新居►
備考 共同使用駅(JR西日本の管轄駅)直営駅みどりの窓口 有
* 関西本線の駅は1916年まで上野駅。伊賀線の駅は1920年に共同使用駅へ移行するまでは上野駅連絡所。** 2007年に近鉄より運営移管。
最終更新:2017年3月3日(金)22:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO