菅谷館(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.03574139.321961
最大36.03744139.324064
最小36.03473139.320309

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

菅谷館(すがややかた)とは、武蔵国男衾郡にあった日本の城です。
埼玉県比企郡嵐山町に位置しています。
別名、菅谷城とも言います。
現在は、館跡に埼玉県立嵐山史跡の博物館が建てられています。

推定される住所 / Address

埼玉県比企郡嵐山町菅谷679-9
埼玉県比企郡嵐山町菅谷680-9
埼玉県比企郡嵐山町菅谷681-9
埼玉県比企郡嵐山町菅谷682-9
埼玉県比企郡嵐山町菅谷683-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[36.03574 / 139.321961]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

菅谷館とは、武蔵国男衾郡にあった日本の城である。
菅谷城とも呼ばれる。
昭和48年、国の史跡に指定された。
館跡には埼玉県立嵐山史跡の博物館が設けられている。
畠山氏は、重忠の父畠山重能の代から大里郡畠山荘の荘司であり、重忠も当初は同荘内に館を置いていたが、やがて鎌倉街道の要衝にあたる菅谷の地に移って館を構えたのが始まりである。
菅谷館(埼玉県)
本郭の出桝形土塁
城郭構造 平城
築城主 不明
主な改修者 山内上杉氏、後北条氏?
主な城主 畠山重忠?、山内上杉氏、北条氏?
廃城年 不明
遺構 土塁、横堀、虎口、土橋、
指定文化財 国指定史跡
位置 北緯36度2分8秒・東経139度19分19秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO