根古屋城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.77702139.406977
最大35.78231139.416161
最小35.76713139.388523

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

根古屋城(ねごやじょう)は、埼玉県所沢市勝楽寺の山口貯水池となっている人造湖の北岸にあった城です。
別名は竜谷城、勝楽寺城とも言います。
また、山口貯水池は狭山湖とも呼ばれます。
現在、狭山湖周辺は東京都水道局管理の都有地となっており水資源の保護地域としてフェンスに囲まれていて、一般人の立ち入りは制限され城跡も公開されていません。

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 堀口 1.1
2 早稲田大学 1.3
3 上山口 1.3

[35.77702 / 139.406977]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

根古屋城は、埼玉県所沢市勝楽寺の山口貯水池となっている人造湖の北岸にあった日本の城。
元々の城名は竜谷城や勝楽寺城と呼ばれていたが、後に山麓にあった集落名にちなんで根古屋城と名付けられたという。
根古屋とは寝小屋という意味で、日本の各地に存在する字でもある。
城主やその家臣らが平常時はこの集落や、山口城に居住し、有事の際にはこの根古屋城に籠るようになっていた。
城の周辺には築城者である高忠から付けられた「小太郎坂」や、「殿ヶ谷」という地名があったと伝えられているが、現在では不明である。
父である山口高治は祖父・山口高実らとともに1383年に南朝の協力の下、上杉氏と戦ったが敗れ、山口城に火を放ち自害。
根古屋城(埼玉県)
狭山湖堤防上からの遠景
別名 竜谷城、勝楽寺城
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 山口高忠
築城年 明徳・応永年間
主な改修者 後北条氏
主な城主 山口氏
廃城年 不詳(1590年頃?)
遺構 土塁、空堀、郭
指定文化財 埼玉県指定史跡
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO