羽生城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.17577139.550177
最大36.1763139.550958
最小36.17519139.549456

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

羽生城(はにゅうじょう)は、武蔵国にあった平城です。
埼玉県羽生市に位置しています。
羽生市史跡に指定されています。
現在、城跡は市街地となっており城郭の詳細については不明です。

推定される住所 / Address

埼玉県羽生市東五丁目13-9
埼玉県羽生市東五丁目7-9
埼玉県羽生市東五丁目8-9
埼玉県羽生市東五丁目12-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 中央公園入口 0.2
2 市役所 0.4
3 香取神社 0.5
4 北袋 0.6
5 東3 0.7

[36.17577 / 139.550177]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

羽生城は、埼玉県羽生市に存在した日本の城。
16世紀初頭の築城とされ、永禄3年の長尾景虎による関東出兵以降、上杉方の関東攻略の拠点となったが、後北条氏の度重なる攻撃を受け天正2年閏11月に自落した。
その後、城は後北条氏から成田氏に与えられ、天正18年の徳川家康の関東入封後は大久保氏に与えられたが、慶長19年1月に廃城となった。
『鷲宮町史』では祖父の代から山内上杉氏の配下として活動していた直繁と忠朝の父・木戸範実も含め親子で入城したものとしており、上杉方には武蔵国へ勢力を拡大させようとする後北条氏に対抗するための拠点とする狙いがあったとしている。
羽生城(埼玉県)
城郭構造 平城
天守構造 なし
築城主 不明
築城年 不明
主な改修者 広田直繁、大久保忠隣
主な城主 木戸氏、成田氏、大久保氏
廃城年 慶長19年(1614年)
遺構 天神曲輪跡
指定文化財 羽生市史跡
再建造物 なし
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO