名胡桃城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.66896138.990537
最大36.66926138.991063
最小36.66845138.990161

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

名胡桃城(なぐるみじょう)は、現在の群馬県利根郡みなかみ町下津にあった山城です。
利根川上流の右岸断崖部に位置し、川を挟んで北東に位置する明徳寺城と対峙していました。
現在は、名胡桃城址として群馬県指定史跡に指定されています。

推定される住所 / Address

群馬県利根郡みなかみ町下津3491-9
群馬県利根郡みなかみ町下津3455-9
群馬県利根郡みなかみ町下津3321-9
群馬県利根郡みなかみ町下津3420-9
群馬県利根郡みなかみ町下津3421-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[36.66896 / 138.990537]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

名胡桃城は、現在の群馬県利根郡みなかみ町下津にあった日本の城。
1949年に「名胡桃城址」として群馬県指定史跡。
利根川上流の右岸断崖部に位置し、川を挟んで北東に位置する明徳寺城と対峙する。
歴史的には、真田昌幸の沼田城の支城として、また1590年の小田原征伐の誘因となったことで著名である。
名胡桃城(群馬県)
名胡桃城の石碑
城郭構造 山城
天守構造 不明
築城主 沼田氏
築城年 明応元年(1492年)
主な城主 真田氏(鈴木重則)
遺構 なし
指定文化財 なし
位置 北緯36度40分12.2秒・東経138度59分32.4秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO