沼田城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.64896139.039119
最大36.64924139.042153
最小36.64707139.037819

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

沼田城は、上野国利根郡にあった兵城です。
群馬県沼田市に位置しています。
幾つかの守護城に囲まれた堅城です。
はじめは倉内城と呼ばれており、沼田藩の藩庁でした。
現存、建物として城門が群馬県川場村に1棟、川場村以外に3棟ほどが移築されています。
また、本丸跡に鐘櫓が復元されているが、この鐘櫓の鐘は後世のものではなく、1634年に真田信吉が鋳造させた「城鐘」です。

推定される住所 / Address

群馬県沼田市西倉内町506-9
群馬県沼田市西倉内町507-9
群馬県沼田市西倉内町627-9
群馬県沼田市西倉内町628-9
群馬県沼田市西倉内町634-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 榛名幼稚園前 0.3
2 榛名町 0.5
3 沼田局前 0.6

[36.64896 / 139.039119]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

沼田城は、上野国利根郡にあった日本の城。
幾つかの守護城に囲まれた堅城である。
沼田氏の居城として建築され、戦国時代後期から江戸時代初期にかけて真田氏の沼田領支配の拠点として機能した。
沼田藩の藩庁。
はじめは倉内城と称した。
二つの川側は約70mほどの崖となっており、典型的な崖城でもある。
沼田は北関東の要衝であり、軍事上の重要拠点として上杉氏・後北条氏・武田氏といった諸勢力の争奪戦の的となった。
本能寺の変後は真田信幸の支配城として、後北条氏と争った。
沼田城(群馬県)
沼田城
城郭構造 丘城
築城主 沼田顕泰
築城年 1532年
主な改修者 真田信幸
主な城主 沼田氏・本庄秀綱猪俣邦憲・真田氏
廃城年 1682年
遺構 土塁、堀、石垣、城門(移築)
指定文化財 沼田市指定史跡
再建造物 鐘櫓
位置 北緯36度38分55.4秒・東経139度2分20.5秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO