前橋城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.39386139.060478
最大36.39548139.062538
最小36.39272139.058461

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

前橋城(まえばしじょう)は、上野国群馬郡あった平城です。
現在の群馬県前橋市に位置しています。
別名は、厩橋城(まやばしじょう)と言います。
関東七名城の一つに数えられていました。
現在は、遺構の保存状態は良くないが、石垣、土塁、堀の一部が残っています。
また、市内総社町に城門が移築されています。

推定される住所 / Address

群馬県前橋市大手町三丁目14-9
群馬県前橋市大手町一丁目1-9
群馬県前橋市大手町三丁目13-9
群馬県前橋市大手町三丁目1-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[36.39386 / 139.060478]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

前橋城は、上野国群馬郡、現在の群馬県前橋市にあった日本の城。
前橋台地北東縁に築かれた平城で、古くは厩橋城と呼ばれ、また関東七名城の一つに数えられた。
利根川と広瀬川を外堀とする渦郭式の平城。
周囲に城下町が発展し、今日の前橋市中心街となった。
前橋城は江戸時代には前橋藩の藩庁ともなったが、その一方で、暴れ川として知られ「坂東太郎」の異名を持つ利根川に始終翻弄された。
前橋城(群馬県)
前橋城の航空写真(1980年度撮影・国土航空写真)
別名 厩橋城
城郭構造 輪郭式平城
天守構造 3重3階(非現存)
築城主 長野方業、松平直克
築城年 15世紀末、文久3年(1863年)
主な改修者 酒井重忠
主な城主 上野長野氏、上杉氏、平岩氏酒井氏、越前松平氏
廃城年 1871年
遺構 石垣、土塁、堀
指定文化財 なし
位置 北緯36度23分32.54秒・東経139度3分41.69秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO