壬生城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.42747139.798166
最大36.42846139.799094
最小36.42667139.796863

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

壬生城(みぶじょう)は、栃木県下都賀郡壬生町にあった城です。
江戸時代には下野国都賀郡、壬生藩の藩庁が置かれていました。
現在本丸は城址公園となり、土塁、堀が現存しています。
他は資料館、図書館他の公共施設や神社境内などになっています。

推定される住所 / Address

栃木県下都賀郡壬生町本丸一丁目8-9
栃木県下都賀郡壬生町本丸一丁目7-9
栃木県下都賀郡壬生町本丸一丁目5-9
栃木県下都賀郡壬生町本丸一丁目9-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[36.42747 / 139.798166]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

壬生城は、栃木県下都賀郡壬生町にあった日本の城。
江戸時代には下野国都賀郡、壬生藩の藩庁が置かれた。
小田原征伐で壬生氏が滅んだ後は、結城氏、日根野氏が1万石、次いで、阿部忠秋が2万5,000石で入り、阿部氏が移封となった後は、三浦正次、松平輝貞、加藤明英、と城主が目まぐるしく入れ替わった。
正徳2年に鳥居忠英が3万石で封じられた後、明治維新まで鳥居氏8代の居城として用いられた。
戊辰戦争では官軍に付き、旧幕府軍によって落城した宇都宮城攻略の拠点となった。
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO