喜連川城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.71942140.019835
最大36.71967140.020559
最小36.71909140.019389

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

喜連川城は栃木県さくら市喜連川にあった城です。
別名として大蔵ヶ崎城、蔵ヶ崎城、倉ヶ崎城とも呼ばれていました。
現在、お丸山公園として整備されているが公園整備当時にあった喜連川スカイタワーなどの施設は廃止となっている。

推定される住所 / Address

栃木県さくら市喜連川3572-9
栃木県さくら市喜連川3575-9
栃木県さくら市喜連川3576-9
栃木県さくら市喜連川3579-9
栃木県さくら市喜連川3580-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[36.71942 / 140.019835]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

大蔵ヶ崎城または喜連川城は、現在の栃木県さくら市喜連川にあった日本の城である。
蔵ヶ崎城とも。
現在は堀や郭跡が残っている。
歴史 : 平安時代末期、塩谷五郎惟広により築城された。
惟広は源平合戦において源氏側で参戦し、元暦元年2月の一ノ谷の戦い。
城址に立つ案内板にはその旨が記載されている)。
小田原征伐後には室町幕府将軍家・足利氏の後裔が入封することとなる。
足利氏は戦国期には古河公方家と小弓公方家に分裂し既に衰退していたが、名族である足利氏の断絶を惜しんだ豊臣秀吉が、男子の絶えた古河公方家の足利氏姫を小弓公方家頼純の子である足利国朝に娶わせ 。
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO