烏山城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.66422140.147696
最大36.66467140.148683
最小36.66277140.146279

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

烏山城(からすやまじょう)は、下野国那須郡にあった山城です。
栃木県那須烏山市に位置しています。
臥牛城とも言われます。
現在は、県立自然公園として石垣・土塁など遺構が良好に現存しています。

推定される住所 / Address

栃木県那須烏山市中央三丁目11-9
栃木県那須烏山市中央三丁目10-9
栃木県那須烏山市中央三丁目7-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 南那須庁舎前 0.9
2 元田町 0.9
3 変電所前 1.0

[36.66422 / 140.147696]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

烏山城は、下野国那須郡にあった日本の城である。
歴史・沿革 : 応永25年、下那須家初代那須資重によって築かれ、永正11年の下那須家滅亡まで下那須家の居城、那須氏統一後は、那須氏の居城として使われた。
戦国時代には、佐竹氏により度々攻撃対象とされ、永禄6年の大海の戦い、永禄9年の治部内山の戦い、永禄10年の大崖山の戦い、霧ヶ沢の戦いなど、何度か城下まで攻め込まれているがいずれも退けている。
天正18年、那須資晴の時、那須氏が改易され織田信長の次男・織田信雄が入城。
2カ月間、城主を務めた。
烏山城(栃木県)
烏山城址
別名 臥牛城
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 那須資重
築城年 1418年
主な改修者 堀親昌
主な城主 那須氏、成田氏、板倉氏、堀氏、大久保氏など
廃城年 1869年
遺構 現存 石垣、土塁
指定文化財 なし
位置 北緯36度39分50秒・東経140度08分51秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO